福山潤

「ユーリ!!! on STAGE」夜の部クイズコーナーはハチャメチャ展開!約5万人集結の超注目イベントに

「ユーリ!!! on STAGE」夜の部クイズコーナーはハチャメチャ展開!約5万人集結の超注目イベントに

「ユーリ!!! on STAGE」夜の部開催!

 TVアニメ『ユーリ!!! on ICE』のイベント『ユーリ!!! on STAGE』夜の部公演が29日、千葉・舞浜アンフィシアターで開かれ勝生勇利役の豊永利行、ヴィクトル・ニキフォロフ役の諏訪部順一、ユーリ・プリセツキー役の内山昂輝、イ・スンギル役の野島健児、エミル・ネコラ役の日野聡、ギオルギー・ポポーヴィッチ役の羽多野渉、クリストフ・ジャコメッティ役の安元洋貴、季光虹(ジ・グァンホン)役の本城雄太郎、ピチット・チュラノン役の小野賢章、南健次郎役の村瀬歩、レオ・デ・ラ・イグレシア役の土岐隼一、西郡豪役の福山潤、原作の久保ミツロウ氏が登場し、司会はお笑いコンビ『アメリカザリガニ』が務めた。

 昨年10月から1クールで放送され大人気となったフィギュアスケートに (さらに…)

「コードギアス」劇場総集編制作&続編「復活のルルーシュ」企画始動発表!谷口悟朗監督「R2の後で間違いない」【後編】

「コードギアス」劇場総集編制作&続編「復活のルルーシュ」企画始動発表!谷口悟朗監督「R2の後で間違いない」【後編】

「コードギアス」劇場総集編制作&続編「復活のルルーシュ」企画始動が10周年イベントで発表に

 ※前編(「コードギアス 反逆のルルーシュ」10周年記念の公演開催!福山潤「“楽しかったトラウマ”しかない」)より

 キャスト陣が舞台から去り、これでイベント終了かと思うと、舞台にゼロが登場!「聞け!10年の時を待った者たちよ!」という演説が行われたかと思うと、『特報』という文字が浮かびあがり、スペシャルPVが上映される。その中で、全3章の劇場総集編『コードギアス 反逆のルルーシュ』の制作が決定したことと、ゼロレクイエムから数年後という設定の続編『コードギアス 復活のルルーシュ』の企画が始動したことが発表され、これに場内からは大歓声が巻き起こる。

 この説明のために谷口監督と大河内氏が登壇。2人ともまずは10年を迎えることができたことに観客へ感謝しつつ、谷口監督から、「コードギアスはネクストステージに移ります。次の10年を見据えるために、もともとの出発点であります『反逆のルルーシュ』編をきちんと見据えようと思いました。そこを踏まえた上で、さらに、さらにより高いステージを目指して頑張っていきたいと思っています」と、あいさつ。

 さらに、キャスト陣も再登場。福山は「ビックリですよね!」と興奮気味。ゆかなは「私達もこのイベントの数時間前に1度特報映像を観ただけなのでそれぐらい何も教えてもらってないんです」と、苦笑いしながら、谷口監督と大河内氏に質問で迫る。

 今回、特報上映されたPVについて、谷口監督は、「普通はイメージボードで起こすのですが、多くのスタッフに共通認識を持ってもらった方が良かろうということでイメージムービーにしました」と、趣旨を説明。

 劇場総集編については、大河内氏は「TVシリーズ50本を3本にまとめたものにして、これから入ってくる人にもこれを観ればほとんどわかってもらえるようにしようと思っています」と、新規のファン獲得の狙いがあるとのこと。さらに、谷口監督は、同作へ「新規カットも加えます。音声とセリフも含めて、すべて新録します」と、宣言。これにキャスト陣は10年前の演技と熱量を再び戻せるかで戦々恐々といった感じだった。

 続けて、『コードギアス 復活のルルーシュ』についての話題に。谷口監督は、「R2の後で、これは間違いないです」と明言し、大河内氏は、「シンプルに続編ですと言っていいと思います。主人公はルルーシュです。それが別世界とか、偽物とかはしないです。あの結末からどうなるかは新作を観てください」と、コメントを寄せる。なお、こちらがTVで放映されるのか劇場版なのかについて大河内氏は「いまのところ言えないです」とし、今後の展開に期待を持たせ谷口監督は「頑張りますので、また応援よろしくお願いします」と、呼びかけていた。

 終盤にはサプライズゲストとしてaccessが登場し『瞳ノ翼』を熱唱した。

 その後、福山から「10年の重みというのは私も十分に感じておりまして『またやれるんだ!』、『またあの熱量をまた自分たちで絞りだすんだ!』というところも有りながらも その戦いが大変待ち遠しいという気持ちもございます。これからちょっとずつ、また自分でも積んでいかないといけないなと思っております。自分にとっての『コードギアス 反逆のルルーシュ』で過ごした当時の2年間というのはそれほど濃密な熱量がありました。だからその熱量に負けない、それ以上のものを今度の劇場3部作で、振り返るだけではなく、新たな熱量で皆様をお迎えしたいと思っております。その先に「復活のルルーシュ」というものがあります。ただ、そこはまだ考えないようにいたします。まずは目の前にあるものを一個一個、積み重ねていって、その先にきっと、僕が谷口さんに掛けられたギアスがパワーアップするのではないかなと思っております。皆様にはこれからの10年と言わず、我々が送り出す一つ一つの大きなものに、是非とも皆様のお力を添えて頂けましたら幸いです。 本日は誠にありがとうございました」と、スピーチ。

 最後は福山が「ルルーシュ・ヴィ・ブリタニアが命じる!次にまみえるその時まで刮目して待て!」と、キャラクターとしてメッセージを送って最高潮の盛り上がりのなか終演を迎えていた。

 なお、この模様については動画配信サービス『アニメイトチャンネル』にて、12月23日から期間限定独占配信を予定、2017年4月21日よりBlu-ray&DVDとして発売を予定しているという。

 ※記事内画像は(c)SUNRISE/PROJECT GEASS Character Design (c) 2006-2008CLAMP・ST

「コードギアス」劇場総集編制作&続編「復活のルルーシュ」企画始動発表!谷口悟朗監督「R2の後で間違いない」【後編】

 

「コードギアス」劇場総集編制作&続編「復活のルルーシュ」企画始動発表!谷口悟朗監督「R2の後で間違いない」【後編】

 

「コードギアス」劇場総集編制作&続編「復活のルルーシュ」企画始動発表!谷口悟朗監督「R2の後で間違いない」【後編】

「コードギアス」劇場総集編制作&続編「復活のルルーシュ」企画始動発表!谷口悟朗監督「R2の後で間違いない」【後編】

「コードギアス」劇場総集編制作&続編「復活のルルーシュ」企画始動発表!谷口悟朗監督「R2の後で間違いない」【後編】

access

「コードギアス」劇場総集編制作&続編「復活のルルーシュ」企画始動発表!谷口悟朗監督「R2の後で間違いない」【後編】

「コードギアス」劇場総集編制作&続編「復活のルルーシュ」企画始動発表!谷口悟朗監督「R2の後で間違いない」【後編】

トークパート

「コードギアス」劇場総集編制作&続編「復活のルルーシュ」企画始動発表!谷口悟朗監督「R2の後で間違いない」【後編】

トークパート

「コードギアス」劇場総集編制作&続編「復活のルルーシュ」企画始動発表!谷口悟朗監督「R2の後で間違いない」【後編】

トークパート

「コードギアス」劇場総集編制作&続編「復活のルルーシュ」企画始動発表!谷口悟朗監督「R2の後で間違いない」【後編】

トークパート

「コードギアス」劇場総集編制作&続編「復活のルルーシュ」企画始動発表!谷口悟朗監督「R2の後で間違いない」【後編】

トークパート

【写真追加】「劇場版「暗殺教室」365日の時間」舞台あいさつ開催!福山潤 原作者・松井優征氏にマンションおねだり

「劇場版「暗殺教室」365日の時間」舞台あいさつ開催!福山潤 原作者・松井優征氏にマンションおねだり

「劇場版「暗殺教室」365日の時間」舞台あいさつ開催!

 アニメーション『劇場版「暗殺教室」365日の時間』(監督:岸誠二/配給:エイベックス・ピクチャーズ)舞台あいさつが20日、東京・新宿バルト9で開かれ殺せんせー役・福山潤、潮田渚役・渕上舞、赤羽業役・岡本信彦、茅野カエデ役・洲崎綾が登壇し、司会は鷲崎健が務めた。

 漫画家・松井優征氏が『週刊少年ジャンプ』で連載して (さらに…)

「七つの大罪FES 聖戦の幕間」夜の部に梶裕貴ら7人登壇!久野美咲の「とんとこ~」にノリノリ

「七つの大罪FES 聖戦の幕間」夜の部に梶裕貴ら7人登壇!久野美咲の「とんとこ~」にノリノリ

「七つの大罪FES 聖戦の幕間」夜の部に梶裕貴ら7人登壇!

 『七つの大罪FES 聖戦の幕間』夜の部が3日、埼玉・川口総合文化センター・リリア メインホールで開かれメリオダス役の梶裕貴、エリザベス役の雨宮天、ホーク役の久野美咲、ディアンヌ役の悠木碧、バン役の鈴木達央、キング役の福山潤、ゴウセル役の髙木裕平が登壇した。

 『七つの大罪』とは漫画家・鈴木央氏原作で現在、『週刊少年マガジン』(講談社)で連載中の (さらに…)

宮野真守らがアニメ『亜人』スペシャルイベント開催!クイズや楽曲歌唱で観客約5000人が盛り上がる

宮野真守らがアニメ『亜人』スペシャルイベント開催!クイズや楽曲歌唱で観客約5000人が盛り上がる

宮野真守による歌唱も

 アニメ『亜人』スペシャルイベントが19日、東京・国際フォーラム ホールAで開かれ、永井圭役の宮野真守、中野攻役の福山潤、戸崎優役の櫻井孝宏、オグラ・イクヤ役の木下浩之、永井慧理子役の洲崎綾、劇場版第1部主題歌&TV第1クールOPの『夜は眠れるかい?』を歌ったflumpoolが登場。ライブやトーク、朗読劇などで会場を訪れた約5000人が盛り上がった。

 桜井画門氏が『good!アフタヌーン』(講談社)で連載している大ヒットコミックの (さらに…)

「七つの大罪FES 聖戦の幕間」夜の部開催!梶裕貴が誕生日祝いで観客一体の演出に

「七つの大罪FES 聖戦の幕間」夜の部開催!梶裕貴が誕生日祝いで観客一体の演出に

「七つの大罪FES 聖戦の幕間」夜の部が開催!

 『七つの大罪FES 聖戦の幕間』夜の部が3日、埼玉・川口総合文化センター・リリア メインホールで開かれメリオダス役の梶裕貴、エリザベス役の雨宮天、ホーク役の久野美咲、ディアンヌ役の悠木碧、バン役の鈴木達央、キング役の福山潤、ゴウセル役の髙木裕平が登壇した。

 『七つの大罪』とは鈴木央氏原作で現在、『週刊少年マガジン』(講談社)で (さらに…)

宮野真守 劇場アニメ「亜人 -衝突-」初日に感無量!福山潤の声マネで爆笑させることも

宮野真守 劇場アニメ「亜人 -衝突-」初日に感無量!福山潤の声マネで爆笑させることも

宮野真守が劇場アニメ「亜人 -衝突-」初日に登場!

 劇場アニメ『亜人 -衝突-』(総監督:瀬下寛之/配給:東宝映像事業部)初日舞台あいさつが6日、東京・TOHOシネマズ新宿で開かれ永井圭役・宮野真守、安藤裕章監督、瀬下総監督が登壇した。

 劇場アニメ3部作で、昨年11月27日に第1部『亜人 -衝動-』が公開され (さらに…)

「シェーWAVE おそ松ステーション」ファン感謝公録イベント開催で4000人集結!A応PもOPをパフォーマンス

「シェーWAVE おそ松ステーション」ファン感謝公録イベント開催で4000人集結!A応PもOPをパフォーマンス

「シェーWAVEおそ松ステーション」が開催!(写真は昼の部)

 公開録音「『シェーWAVE おそ松ステーション』ファン感謝イベント ~チミ達と一緒にシェーザンス!~」が13日、千葉・舞浜アンフィシアターで昼・夜の2部で開かれ計4000人が集結し賑わった。

 昨年10月から2クールで放送されているテレビアニメ『おそ松さん』。『シェーWAVE おそ松ステーション』とは、テレビアニメ放送開始とともに始まった『おそ松さん』公式WEBラジオで毎回出演キャストをゲストに迎え、月2回配信されている人気番組で、これまでに10回配信されている。今回は、11、12回目配信分を公開録音となった。

 会場に集った4000人に加え、全国18ヶ所の劇場でライブビューイングも開催。多くの『おそ松さん』ファンが鈴村健一(番組ナビゲーター/イヤミ役)とゲストによる小気味よいトークを堪能。本会場にはイヤミの着ぐるみや6つ子のパネルが登場!一緒に撮影するべく長蛇の列を作るファンも見られ、エントランスまで人でごった返した。

 昼の部は、一松役・福山潤、夜の部はチビ太役・國立幸とハタ坊役・斎藤桃子が登場。ステージ中央のせりからシェーポーズで登場すると、場内は大きな歓声と拍手に包まれることに。また「シェー!!」でのコールアンドレスポンスや、「シェーWAVE」にひっかけた“シェー”の“ウェーブ”が起こることもあり、半円形の観客席を上手から下手、下手から上手へとシェーの波が!珍しい体験をしたからか、観客もなにかが吹っ切れたようで、一層晴れやかな表情を浮かべることに。

 昼夜ともに行われたコーナーは、リスナーからのふつうのお便りを紹介する「おた松さん!」、告知コーナー「おし松さん!」、ラジオ配信なしのお宝トークを披露する「おふ松さん!」の3つ。

 昼の部の「おた松さん!」では、鈴村と福山が麻雀トークに花を咲かせたり、キツかった収録を振り返るトークを展開。さらに夜の部の同コーナーでは、「6つ子のなかで誰が好き?」といった女性ゲストならではの話題や、第20話「教えてハタ坊」収録時の裏話が。

 また、昼夜異なるコーナーを行ったパートも。昼の部は「おこ松さん!」。「土星に言ったときの感想を教えてください」「耳たぶってなんであるんですか?」といったリスナーの素朴な質問に、福山がよどみなく答えていく。限られた時間でありながら、答えた質問は4つ!このトークスキルはまさに圧巻で、客席からは自然と拍手が沸き起こった。

 そして夜の部は、リスナーから寄せられた「おどろいてシェーと言いそうになったエピソード」を紹介する「おど松さん!~シェー!!」。「スカートを履かずに外出してしまった」「土の中から偶然にも1万円を発掘した」といった厳選された体験談に、一同騒然!その驚き具合を、観客が発する「シェー!!」の声量で判定。

 ちなみに、ここで國立と斎藤が明かした実体験も壮絶なもの。とくに斎藤の話は、この日一番の「シェー!!」をかっさらい、どよめきのなかで収録を終えていた。収録中は、出演陣が客席の中からメールの投稿者を見つけ出したり、曲を流している最中のオフトークが聴けるといった、公録ならではの醍醐味も。

 約1時間にもおよぶ収録のあとは、『A応P』が登場!カラフルなペンライトが揺れるなか、本作OP『はなまるぴっぴはよいこだけ』『全力バタンキュー』の2曲をパフォーマンス。MCでは、観客から「かわいい!」との声もあがり、6人のメンバーも思わず満面の笑みを浮かべていた。そして、鈴村らキャスト陣と『A応P』が最後のあいさつ。観客も交えてのシェーポーズで、イベントを締めくくった。

 シェーにはじまりシェーで終わる、まさに「シェーWAVE」のイベントらしい内容となった今回。この模様は、3月21日(第11回/ゲスト:福山潤)と、4月4日(第12回/ゲスト:國立&斎藤)にそれぞれ配信される。

「シェーWAVE おそ松ステーション」ファン感謝公録イベント開催で4000人集結!A応PもOPをパフォーマンス

夜の部

宮野真守の予言的中!?福山潤「亜人」舞台あいさつ本当に“荒らし”にやってきた

宮野真守の予言的中!?福山潤「亜人」舞台あいさつ本当に“荒らし”にやってきた

福山潤が本当に“荒らし”にやってきた!

 アニメーション『亜人―衝動―』(監督:安藤裕章/配給:東宝映像事業部)大ヒット御礼舞台あいさつが5日、東京・TOHOシネマズ日本橋で開かれ永井圭役・宮野真守、下村泉役・小松未可子、中野攻役・福山潤が登壇した。

 漫画家・桜井画門氏原作の累計400万部発行している大ヒットコミック『亜人』が (さらに…)