田中シングル

今春のガールズイベント「SUPER!C CHANNEL」のプレイベント「YELLOW PARTY」開催!ラッスン DJプレイで会場沸かす

今春のガールズイベント「SUPER!C CHANNEL」のプレイベント「YELLOW PARTY」開催!ラッスン DJプレイで会場沸かす

 4月1(土)・4月2日(日)の2日間、国際フォーラムにて開催される、ガールズイベント『SUPER!C CHANNEL』を記念したイベント『YELLOW PARTY』が14日、東京・渋谷区M HOUSEで開催された。

 当日は有名モデルや読者モデルなど様々なインフルエンサーや関係者が招待された。会場はテーマカラーである「イエロー&ホワイト」で演出され、『SUPER!C CHANNEL』にも登場するスイーツ、フード、占い、マジックなど多彩なコンテンツでゲストをもてなした。

 ゲストDJとして来場したお笑い芸人『8.6秒バズーカ』田中シングル(26)は、DJプレイで会場を沸かせた。田中は、「大人なオシャレな空間の中で楽しくやらせていただきました!」と、感想を述べた。『SUPER!C CHANNEL』については、「お客さんとして行こうと思ってました!楽しみにしてます!」と、コメントした。

 ガールズイベント『SUPER!C CHANNEL(スーパーシーチャンネル)』は、女子の“知りたい”を1分動画で解決するアプリ『C CHANNEL(シーチャンネル)』が、“今一番知りたい、やってみたい”トレンドを五感全部で体験でき、女子の“なりたい”を全部叶えるリアル体験フェス。

今春のガールズイベント「SUPER!C CHANNEL」のプレイベント「YELLOW PARTY」開催!ラッスン DJプレイで会場沸かす

 ■開催概要
 日程:2017年4月1日(土)・2日(日)
 時間:OPEN-11:00/ CLOSE-20:00 ※予定
 会場:東京国際フォーラム ホールE1(東京都千代田区丸の内3-5-1)

 実施内容:ワークショップ
      (恋愛心理/ファッション/ビューティ/ヘアメイク/自撮り/グルメ&レシピ/DIY/占い/エンタメ)
      ステージ
      (トークセッション/ライブ/パフォーマンス/ファッションショー/美容レクチャー)
 主催:C Channel株式会社/SUPER C CHANNEL実行委員会
 URL:https://super.cchan.tv/

 ■C Channelとは
 C CHANNELは、「“女子の知りたい”を動画で解決」をコンセプトに、メイク、ヘアアレンジ、レシピ、グルメ、ネイル、料理、DIYなどの女性のHow Toコンテンツを中心に、C CHANNELが保有するクリッパーを通じて、様々な動画を自社メディアの他、Facebook、Twitter、Instagram、YouTube、さらにはアジアを中心にグローバルにまで配信を行っている「女性のためのファッション動画マガジン」。
 URL:https://www.cchan.tv/

 

今春のガールズイベント「SUPER!C CHANNEL」のプレイベント「YELLOW PARTY」開催!ラッスン DJプレイで会場沸かす

『8.6秒バズーカ』田中シングル

今春のガールズイベント「SUPER!C CHANNEL」のプレイベント「YELLOW PARTY」開催!ラッスン DJプレイで会場沸かす

『8.6秒バズーカ』田中シングル


今春のガールズイベント「SUPER!C CHANNEL」のプレイベント「YELLOW PARTY」開催!ラッスン DJプレイで会場沸かす

今春のガールズイベント「SUPER!C CHANNEL」のプレイベント「YELLOW PARTY」開催!ラッスン DJプレイで会場沸かす


今春のガールズイベント「SUPER!C CHANNEL」のプレイベント「YELLOW PARTY」開催!ラッスン DJプレイで会場沸かす

今春のガールズイベント「SUPER!C CHANNEL」のプレイベント「YELLOW PARTY」開催!ラッスン DJプレイで会場沸かす


今春のガールズイベント「SUPER!C CHANNEL」のプレイベント「YELLOW PARTY」開催!ラッスン DJプレイで会場沸かす


8.6秒バズーカー舞台芝居初挑戦!被災地の復興描いた「希望の色」で笑顔届ける役に

8.6秒バズーカー舞台初出演!被災地の復興描いた「希望の色」で笑顔届ける役に

8.6秒バズーカーが舞台への意気込みを語った

 “ハチロク”ことお笑いコンビ『8.6秒バズーカー』のはまやねん(25)と田中シングル(25)が14日、都内で初出演舞台『希望の色』(脚本・演出:高梨由)制作会見を女優・冴木杏奈(53)、俳優・新藤栄作(57)、原作者の倉科遼氏(66)、演出の高梨氏(40)とともに開いた。

 倉科氏が東日本大震災を風化させたくないという思いから製作。物語は、歌手として (さらに…)