日本ダービー

水曜日のカンパネラ、5月10日に東京競馬場から史上初の一夜限りの無観客ライブをインターネット限定配信

水曜日のカンパネラ、5月10日に東京競馬場から史上初の一夜限りの無観客ライブをインターネット限定配信

 JRA(日本中央競馬会)は、5月28日に東京競馬場で行われる第84回日本ダービー(GI)の開催に向けて、人気アーティスト『水曜日のカンパネラ』とコラボレーションした「東京遊駿」を開始する。

 その第一弾として、5月10日に1夜限りのスペシャルライブを開催する。場所は、日本ダービーの開催地である東京ドーム約13個分の敷地面積(622,635㎡)をほこる東京競馬場。同競馬場において、無観客のインターネット配信限定ライブを行うアーティストは初めて。

 本ライブ映像は開催後、24時間は特設サイトにてアーカイブ視聴することが可能だが、以降は一切見ることができないスペシャルコンテンツ。

 今回のスペシャルライブは「水曜日のカンパネラ」が実際に競場に訪れた際、想像を超える壮大なスケール、馬の躍動感に魅せられた感覚をそのまま味わってほしいという思いから本ダービーとのライブのコラボレーションが実現。

 観客を一人も入れずに行うインターネット配信限定の本ライブは、水曜日のカンパネラの、公式Facebook、Twitter、Youtubeという3つのSNSから同時中継。ライブ映像は24時間限定アーカイブ公開、この機会を逃すと2度と見ることができない。

 「水曜日のカンパネラ」として初の試みとなる今回のライブは、普段入ることのできない装鞍所や地下馬道、そして誰もいないフジビュースタンドなど、夜の東京競馬場を水曜日のカンパネラが完全ジャック。

 今回のライブにおけるコムアイの設定は「ダービー馬」。はじまりは馬運車から登場。続いてレース前の馬体検査を再現した身体検査は、歌うコムアイが体重計に乗ったり、サーモグラフィーカメラでレース前の熱気を帯びたコムアイの姿が表現される。

 身体検査後は地下馬道を車で運ばれレース会場へと移動。レース前のパドックでは、実際に使用されるモニターを前にして歌いながら回遊。そしてレース御のウイナーズサークルで歌い観客席に。ここでは17人のダンサーがコムアイの元に集まり、コムアイと17人のダンサーがシンクロ。そしてフィナーレへ。独特な演技で表現するコムアイの「ダービー馬」は、2度と見ることができないだろう。

 広大な東京競馬場で実際に競走馬が通るルートを全面的に活用した演出は、他では見ることのできない想像を超えた圧巻のライブになること間違いなし。「水曜日のカンパネラ」のコムアイが広大な東京競馬場を駆け巡る。

 ■『TIME TO PLAY~SPECIAL LIVE@東京競馬場』配信情報
 『一夜限りの生ライブ「東京遊駿」TIME TO PLAY』
  2017年5月10日(水)21:00~21:30 東京・東京競馬場
  出演者: 水曜日のカンパネラ
  視聴方法: Facebook Live / Twitter / YouTube Live
  特設サイト:http://umabi.jp/tokyo-yushun/
  ※本日5月8日(月)より特設ページにて事前視聴予約を開始
  ※本ライブ動画は生配信のみとなり、アーカイブでの保存は公開後24時間限定となります

「日本ダービー」イベント渋谷で暴君オルフェーヴルに騎乗!題字は熊本出身の武田双雲が

「日本ダービー」イベント渋谷で暴君オルフェーヴルに騎乗!題字は熊本出身の武田双雲が

いよいよ今週末の5月29日に迫った『第83回日本ダービー』(東京競馬場・芝2400m)。TVではCM放送が流れ、スポーツ新聞や競馬新聞、ネットニュースなどでは出走馬の状態や予想などが報じられるなど、“ダービーウイーク”は盛り上がっている。

正式名称を『東京優駿(とうきょうゆうしゅん)競走』といい、1932年(昭和7年)にイギリスのクラシック競走であるダービーステークスを範として創設された日本で最も古くから同一条件で開催されている競走の一つ。春の皐月賞、秋の菊花賞とともにクラシック三冠競走と呼ばれている伝統的なレース。 (さらに…)