加藤綾子

カトパン加藤綾子、一日消防署長!「防災リュックを常に準備」と防災意識高い

カトパン加藤綾子、一日消防署長!「防災リュックを常に準備」と防災意識高い

 3月1日から3月7日まで実施する「春の火災予防運動」に伴い、東京消防庁は1日、フリーアナウンサー“カトパン”加藤綾子(31)を東京都世田谷区の玉川消防署の一日署長に迎え、同区内の大型商業施設「二子玉川ライズ」の中央広場で行われた「消防ふれあいフェスタ2017in二子玉川」を開催した。

 消防演習を視察したカトパンは、消防総監の説明に熱心に耳を傾けながら真剣なまなざしで、救助・消化活動などを見守った。また、実際に放水時には「放水やめ!」と号令をかけたり、自身も放水体験をした。

 演習は、東京地方に大規模な地震が発生。その影響により二子玉川ライズ中央広場のスケートリンクに乗用車が衝突炎上。その衝撃により、同施設内にいた大勢のお客さんや従業員が負傷したという想定で行われた。消防隊員ら約90人が参加した演習は、衝突炎上した車の消火活動と負傷者の救出。ヘリコプター2機も出動し、エアハイパーレスキューによる施設屋上に取り残された人の救助。特別救助隊員が陸屋根部分の逃げ遅れた人を背負い、座席懸垂降下で救出。一日消防署長の式の元、一斉放水を行った。

カトパン加藤綾子、一日消防署長!「防災リュックを常に準備」と防災意識高い

 また、訓練後には、「一日消防署長を務めさせていただきました加藤綾子です。消防官の制服に身を包み、たいへん引き締まる一日となりました。皆さんの訓練を見て、たいへん感動しました。まだまだ寒い日が続いております。暖房器具など、火の取り扱いには十分に気を付けていきたいと思います。私自身も本日、一日消防署長を務めた経験を生かして、地域の防火・防災について考えていきたいと思います。本日は大変ありがとうございました」と、訓練に参加した消防団員を前に感謝の言葉と防火・防災につとめていく覚悟を語った。

 イベント終了後の会見で、「実際にこういう訓練をされているというのを間近で見たことなかったので、とても感動しました。ヘリコプターから人が降りてくるのを下から見ることも、今まではニュース映像では、いつもヘリコプターの高さからだったので、迫力がありました」と、演習を見学した感想を。

 防災意識については、「家を出る前には、しっかり火の元の確認をするということはしています。防災という意味で言うと、防災リュックを常に準備しています」と、常日頃からの備えはしているという。

 最後に、「寒い日が続いているので、暖房器具を使う機会が多いと思うので、みんなで気を付けていきたいなぁと思います」と、呼びかけた。

 ■2017(平成29)年春の火災予防運動
 都民の火災予防意識の高揚を図り、火災の発生、火災による死傷者の発生および財産の損失を防ぐことを目的として、3月1日から3月7日まで実施される。

 

カトパン加藤綾子、一日消防署長!「防災リュックを常に準備」と防災意識高い


カトパン加藤綾子、一日消防署長!「防災リュックを常に準備」と防災意識高い

ヘリコプターで救出

カトパン加藤綾子、一日消防署長!「防災リュックを常に準備」と防災意識高い

ヘリコプターで救出


カトパン加藤綾子、一日消防署長!「防災リュックを常に準備」と防災意識高い


カトパン加藤綾子、一日消防署長!「防災リュックを常に準備」と防災意識高い

真剣な表情で説明を受けるカトパン

カトパン加藤綾子、一日消防署長!「防災リュックを常に準備」と防災意識高い

「放水やめ!」の号令を


カトパン加藤綾子、一日消防署長!「防災リュックを常に準備」と防災意識高い

玉川消防署長より「一日消防署長」の委嘱状を受ける

カトパン加藤綾子、一日消防署長!「防災リュックを常に準備」と防災意識高い

消防官の制服に身を包み、「身が引き締まる」


カトパン加藤綾子、一日消防署長!「防災リュックを常に準備」と防災意識高い

カトパンスマイル!

カトパン加藤綾子、一日消防署長!「防災リュックを常に準備」と防災意識高い

一日消防署長を務めたカトパン


カトパン加藤綾子、一日消防署長!「防災リュックを常に準備」と防災意識高い

迫力の一斉放水

カトパン加藤綾子、一日消防署長!「防災リュックを常に準備」と防災意識高い

座席懸垂降下で救出


カトパン加藤綾子、一日消防署長!「防災リュックを常に準備」と防災意識高い


カトパン加藤綾子、一日消防署長!「防災リュックを常に準備」と防災意識高い


カトパン加藤綾子、一日消防署長!「防災リュックを常に準備」と防災意識高い


“カトパン”加藤綾子、「パンチュ一丁だね」と、赤ちゃん言葉も!コミュ力の高さ発揮もミッフィーに負ける

“カトパン”加藤綾子、「パンチュ一丁だね」と、赤ちゃん言葉も!コミュ力の高さ発揮もミッフィーに負ける

 フリーアナウンサーの“カトパン”加藤綾子(31)が29日、神奈川・横浜赤レンガ倉庫1号館で7月30日から8月24日まで行われる『誕生60周年記念 ミッフィー展』に先立ち、開港記念イベントに出席。3才~7歳のミッフィー好きな子供たち17名へ読み聞かせをしたり、一緒に歌とダンスなどを行った。

 国立音楽大学から女子アナと異例の経歴を持つカトパン。中学・高校の教員免許(音楽)を持っており、小さい子供たちと音楽を体で表現するリトミックも学んでいた。「幼稚園のころからピアノを習っていたので、ピアノの先生に憧れていたので、(お遊戯が)とても楽しみ。読み聞かせは初めてなので、ドキドキしているんですけど、母が私に読みはかせてくれたのを思い出しながら」と、心待ちにしていた。

 読み聞かせでは、「何買ったのかな?」とか、「誰が呼んだと思う?」と、子どもたちに優しく語りかけるなど、一方通行ではなく、飽きさせず興味を持たせながら絵本の世界に引き込んでいく。

“カトパン”加藤綾子、「パンチュ一丁だね」と、赤ちゃん言葉も!コミュ力の高さ発揮もミッフィーに負ける

子供たちの疑問にも即対応

 そして、「うさぎの父さんがおうちの窓を閉めました。おしまい」と読むと、ある子供から「なんで?」と素朴な疑問。それにカトパンは、「うさこちゃん眠っちゃったから。不思議だった?ウフフ」と、子供たちの無邪気な疑問に笑顔で応える。

 もう一冊読もうとすると、表紙のうさこちゃんが海パンなのに気付いた子供が、「うみー、うみー!あのね、8月の22日に小笠原にいくのー」と、一生懸命に話す。すると、カトパンは、「8月の11日に小笠原にいくの、いいねぇ~。じゃ、ぴったりの絵本かもね。うさこちゃんいついくんだろうねぇ」と、笑顔で応じる。

 さらに、男の子が「パンチュだけ!パンチュ一丁」というと、カトパンも、「パンチュだけだねぇ、パンチュ一丁だね」と、母親になったように“赤ちゃん言葉”で繰り返す。このやり取りに、保護者のお母さんたちやマスコミ陣からも笑いが起きるなど、微笑ましい光景が。

 2冊読み終わり、MCが「たのしかった?」と、子供たち聞くと、「はーい」と、元気な声で全員が手を挙げる。カトパンは、「よかった。ありがとう聞いてくれて」と、笑顔。

“カトパン”加藤綾子、「パンチュ一丁だね」と、赤ちゃん言葉も!コミュ力の高さ発揮もミッフィーに負ける

“ぴょんぴょん”とミッフィーダンスを

 続いて、歌と踊りのお遊戯ではエプロン姿を披露し、“綾子先生”になって、子供たちと楽しそうに「♪ミッフィー、かわいいうさちゃん」と歌いながら、頭の上に手を当てて“ぴょんぴょん”とミッフィーダンス。

 読み聞かせでは、持ち前の「コミュ力の高さ」を発揮し、子供たちの心を上手に絵本に向けていたが、ミッフィーが登場すると、子供たちは一目散にミッフィーのまわりに・・・!さすがのカトパンもミッフィーには勝てなかった。

 最後は、「ありがとうございました」と、あいさつする子供たちに、カトパンは、「すごくかわいかったです。一緒にできて、先生になりたいという夢がかないました」と、笑顔。

 感想を聞かれたカトパンは、「子供たちが一緒に参加して、絵本の世界に入ってくれたので、とっても楽しかったです。私のほうが気分盛り上がってしまって。教育実習は中学校に行ったため、小さいお子さんと踊ったり歌ったりしたのは初めて。姪っ子が1歳半になるんですが、みんなぐらいのお姉さんになったらまた読み聞かせをしたいなぁと思います」と、笑顔を浮かべた」と、自身も楽しんだ様子。

“カトパン”加藤綾子、「パンチュ一丁だね」と、赤ちゃん言葉も!コミュ力の高さ発揮もミッフィーに負ける

 同展示会は、2015年にオランダの絵本作家でグラフィックデザイナーのディック・ブルーナさんが描く「ミッフィー(うさこちゃん)が誕生して60周年を迎えた事を記念して、「ミッフィー展」が全国を巡回中。この夏、ヨコハマの赤レンガ倉庫1号館で開催される。

 見どころは、世界初公開となる1955年『ちいさなうさこちゃん』(第1版)で描かれた「ファースト・ミッフィー」と、おなじみの姿に描き直された1963年の第2版の原板が並べて公開される貴重な機会。

 また、ミッフィー以前の制作である1953年の初期絵本『りんごぼうや』『きいろいことり』のゲンが、ブルーナさんが若い頃に書いた油彩画、奥さんのイレーネさんのために描いた朝食メモ、ミッフィーを描いているシーンを撮影した貴重なムービーなど、作者の新たな一面にも触れることができる資料300点が、オランダから来日している。

 同展示会は、7月30日~8月24日まで、神奈川県の横浜赤レンガ倉庫1号館にて開催中。

 

“カトパン”加藤綾子、「パンチュ一丁だね」と、赤ちゃん言葉も!コミュ力の高さ発揮もミッフィーに負ける

子供相手でもコミュ力の高さを証明したかと銀

“カトパン”加藤綾子、「パンチュ一丁だね」と、赤ちゃん言葉も!コミュ力の高さ発揮もミッフィーに負ける

17名の子供たちの前で読み聞かせするカトパン


“カトパン”加藤綾子、「パンチュ一丁だね」と、赤ちゃん言葉も!コミュ力の高さ発揮もミッフィーに負ける

「先生になりたいという夢がかなった」と笑顔のカトパン

“カトパン”加藤綾子、「パンチュ一丁だね」と、赤ちゃん言葉も!コミュ力の高さ発揮もミッフィーに負ける

“綾子先生”の読み聞かせは、子供たちにも大好評だった


“カトパン”加藤綾子、「パンチュ一丁だね」と、赤ちゃん言葉も!コミュ力の高さ発揮もミッフィーに負ける

子供たちと楽しそうに歌い踊る

“カトパン”加藤綾子、「パンチュ一丁だね」と、赤ちゃん言葉も!コミュ力の高さ発揮もミッフィーに負ける

子どもたちとお遊戯


“カトパン”加藤綾子、「パンチュ一丁だね」と、赤ちゃん言葉も!コミュ力の高さ発揮もミッフィーに負ける

「パンチュ一丁だねぇ~」とカトパン

“カトパン”加藤綾子、「パンチュ一丁だね」と、赤ちゃん言葉も!コミュ力の高さ発揮もミッフィーに負ける

ミッフィー登場に子供たちも大はしゃぎ


“カトパン”加藤綾子、「パンチュ一丁だね」と、赤ちゃん言葉も!コミュ力の高さ発揮もミッフィーに負ける

エプロン姿も似合ってるー

“カトパン”加藤綾子、「パンチュ一丁だね」と、赤ちゃん言葉も!コミュ力の高さ発揮もミッフィーに負ける

しぐさが幼稚園の先生のよう


“カトパン”加藤綾子、「パンチュ一丁だね」と、赤ちゃん言葉も!コミュ力の高さ発揮もミッフィーに負ける

子供たちは、やっぱりカトパンよりもーミッフィー

“カトパン”加藤綾子、「パンチュ一丁だね」と、赤ちゃん言葉も!コミュ力の高さ発揮もミッフィーに負ける

『ミッフィー展』は8月24日まで、横浜赤レンガ倉庫1号館にて


“カトパン”加藤綾子、「パンチュ一丁だね」と、赤ちゃん言葉も!コミュ力の高さ発揮もミッフィーに負ける

ミッフィーに抱き着くカトパン

“カトパン”加藤綾子、「パンチュ一丁だね」と、赤ちゃん言葉も!コミュ力の高さ発揮もミッフィーに負ける

ミッフィーにハグされて照れるカトパン


“カトパン”加藤綾子、「パンチュ一丁だね」と、赤ちゃん言葉も!コミュ力の高さ発揮もミッフィーに負ける

世界初公開となる第1版と描き直された第2版が並ぶ


“カトパン”加藤綾子、「パンチュ一丁だね」と、赤ちゃん言葉も!コミュ力の高さ発揮もミッフィーに負ける

17名の子供たちと


【お台場ハロウィン】“攻め”のカトパンVS“ガード固い”牧野結美!めざまし軍団仮装コスプレ

【お台場ハロウィン】“攻め”のカトパンVS“ガード固い”牧野結美!めざまし軍団仮装コスプレ

セクシー魔女の仮装で参加したカトパン

フジテレビの“カトパン”加藤綾子アナウンサー(30)をはじめとする早朝の情報番組『めざましテレビ』に出演しているアナウンサーたちが24日・25日に東京・台場で行われた、日本最大級のハロウィンイベント「めざましテレビ presents T-SPOOK」に思い思いの仮装で参加した。

初日の先頭で登場したカトパン、昨年は映画『アナと雪の女王』のエルサのコスプレを披露した。今年はイベント前の22日に放送された『めざましテレビ』で、後輩の永島優美アナ(23)も「今年は攻めてます!」と驚いていた通り、胸元が透けているブラウスに網タイツ、ミニスカートという“セクシー魔女”の黒い衣装で登場。カトパンスマイルとともに、来場者から歓声を浴びていた。 (さらに…)