井口裕香

「ANIMAX MUSIX 2016 YOKOHAMA」トリはMay’n!約7時間60曲のラストは全員で「ONE PIECE」の「ウィーアー!」【後編】

「ANIMAX MUSIX 2016 YOKOHAMA」トリはMay'n!約7時間60曲のラストは全員で「ONE PIECE」の「ウィーアー!」【後編】

お馴染みのアニマックスのポーズで撮影も

 ※中編(中川翔子「ANIMAX MUSIX 2016」シークレットゲストとして登場!でんぱ組.incと“再結成”コラボも)より

 終盤は『GRANRODEO』が登場。あいさつ代わりとばかりに『文豪ストレイドッグス』の『TRASH CANDY』を歌い上げる。その後のMCではKISHOWは、ここで登場するまでに2度のコラボで登場したことに、「3度登場する運びになりました!」と、コメントを寄せたり、今回で堂々の実力での6度目の出場ながら、e-ZUKAは「名前だけでも覚えて帰ってください!」と、呼びかけたりと茶目っ気たっぷり。

 その後も『機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ』の『少年の果て』、『黒子のバスケ』から『メモリーズ』と『Punky Funky Love』を圧巻のパフォーマンスで魅せた。

 トリを飾ったのはMay’n。『マクロスF』の『ノーザンクロス』、『タブー・タトゥー』の『Belief』を続けて歌い上げた後のMCで、「何度立たせていただいても大きい場内だなって」と、感慨深げに (さらに…)

中川翔子「ANIMAX MUSIX 2016」シークレットゲストとして登場!でんぱ組.incと“再結成”コラボも【中編】

中川翔子「ANIMAX MUSIX 2016」シークレットゲストとして登場!でんぱ組.incと“再結成”コラボも【中編】

中川翔子がでんぱ組.incと“再結成”コラボ!

 ※前編(「ANIMAX MUSIX 2016 YOKOHAMA」開催!GRANRODEOがスラダンの「あなただけ見つめてる」熱唱も)から

 後半トップバッターを飾ったのは『岸田教団&THE明星ロケッツ』で、ド派手な花火円演出がありつつ、『天鏡のアルデラミン』などハードなロック楽曲を披露した後に新曲『Blood on the EDGE』を披露。『岸田教団&THE明星ロケッツ』は (さらに…)

「ANIMAX MUSIX 2016 YOKOHAMA」開催!GRANRODEOがスラダンの「あなただけ見つめてる」熱唱も【前編】

「ANIMAX MUSIX 2016 YOKOHAMA」開催!GRANRODEOがスラダンの「あなただけ見つめてる」熱唱も【前編】

GRANRODEOがスラダンの「あなただけ見つめてる」熱唱!

 『ANIMAX MUSIX 2016 YOKOHAMA』が23日、神奈川・横浜アリーナで開かれシークレットゲストを含めた17組のアーティストらが、コラボやこの場でしか見られない特別パフォーマンスなど約7時間ほどにわたって60曲で繰り広げ、観客を熱狂させた。

 “アニメミュージックを世界へ”をキーワードにアニメ専門チャンネル『アニマックス』が (さらに…)

ガルパン最終章1章は劇場版の後日談!あんこうチームキャスト5人が思いを語る【後編】

ガルパン最終章1章は劇場版の後日談!あんこうチームキャスト5人が思いを語る【後編】

あんこうチームキャスト5人が思いを語る!

 ※前編(ガルパン最終章は6章立てで1章は2017年12月公開予定へ!「大洗 あんこう祭 2016」ステージで大発表)より

 ほかにも、大洗マリンタワーが“破壊”されるかについては水島監督は「タワーは壊しません!」と宣言したり、シナリオが全6章の半分まで終わり、絵コンテは1章が終わっているという進行状況であること。「音響も今まで以上に頑張ります。最低5.1チャンネルにします」「4DXになってもいいようなカットを作って準備しておきたいと思います」「1章は劇場版の後日談から始まり、戦車戦はあまりなくて、劇場版のような戦車戦を楽しみにしていると『あれっ?』って思ってしまうかもしれません。2章からが本番になってきます」と、さまざまな (さらに…)

ガルパン最終章は6章立てで1章は2017年12月公開予定へ!「大洗 あんこう祭 2016」ステージで大発表【前編】

ガルパン最終章は6章立てで1章は2017年12月公開予定へ!「大洗 あんこう祭 2016」ステージで大発表【前編】

あんこう祭にて「ガールズ&パンツァー」ステージが開催!

 “ガルパン”の愛称で親しまれているアニメ『ガールズ&パンツァー』トークステージが13日、茨城・大洗町で開かれた『第20回 大洗 あんこう祭 2016』内『キャストトークショー』コーナーで開かれ、『あんこうチーム』の西住みほ役・渕上舞、武部沙織役・茅野愛衣、五十鈴華役・尾崎真実、秋山優花里役・中上育実、冷泉麻子役・井口裕香が登場し、ゲストに、ガルパン応援大使のプロレスラー・蝶野正洋、水島努監督を迎え、司会は廣岡祐次宣伝プロデューサーが務めた。

 戦車を使った武道『戦車道』が大和撫子のたしなみという世界で女子高校生たちが『戦車道』を (さらに…)

劇場版マジェプリ初日がフリーダム過ぎ!浅沼晋太郎&日笠陽子&井口裕香&池田純矢が観客爆笑の大暴れ

劇場版マジェプリ初日がフリーダム過ぎ!浅沼晋太郎&日笠陽子&井口裕香&池田純矢が観客爆笑の大暴れ

劇場版マジェプリ初日が開催!(左から浅沼、日笠、井口、池田)

 『劇場版マジェスティックプリンス 覚醒の遺伝子』(監督:元永慶太郎/配給:東宝映像事業部)初日舞台あいさつが4日、東京・TOHOシネマズ新宿スクリーン9で開かれアサギ・トシカズ役の浅沼晋太郎、クギミヤ・ケイ役の日笠陽子、イリエ・タマキ役の井口裕香、スルガ・アタル役の池田純矢が登壇した。

 2013年4月から9月まで2クールでTVアニメ放送され、個性的なキャラクターと (さらに…)

【写真追加】「ガールズ&パンツァー 最終章」発表にキャスト全員驚きで中上育実は涙!新生徒会人選の理由とは?【後編】

「ガールズ&パンツァー 最終章」発表にキャスト全員驚きで中上育実は涙!新生徒会人選の理由とは?【後編】

「ガールズ&パンツァー 最終章」が発表に

 【中編(戦車道すごろくコーナーで「ドゥーチェ」コール!高橋美佳子 佐咲紗花の歌唱で生あんこう踊り披露し「満足」)から】

 終盤にはオリジナル朗読劇『選挙活動します!』を開催。劇場版のその後のエピソードで、生徒会の3年生3人が2学期に入り生徒会を引退するということで、後を誰にするのか選挙をするという形で展開。まずは立候補者をどうするかから話が進んでいく。立候補するにあたっては、レオポンさんチームとアリクイさんチームがタッグを組んで連立したり、カモさんチームの風紀委員は園みどり子が3年生ということで数に入らないため人数が足りないことから冷泉麻子をスカウトするという珍しい光景が。

 最終的には生徒会の役員たちからの指名で決定すると (さらに…)

【写真追加】戦車道すごろくコーナーで「ドゥーチェ」コール!高橋美佳子 佐咲紗花の歌唱で生あんこう踊り披露し「満足」【中編】

戦車道すごろくコーナーで「ドゥーチェ」コール!高橋美佳子 佐咲紗花の歌唱で生あんこう踊り披露し「満足」【中編】

戦車道すごろくコーナーで「ドゥーチェ」コールが発生!

 【前編(蝶野正洋サプライズ登場で開幕&注意事項告げる!「第2次ハートフル・タンク・カーニバル」キャスト人数に圧巻の光景)より】

 『戦車道すごろく』の舞台は劇場版の最終決戦となった場所となり、サイコロを振って止まったところにあるミッションをクリアしていくというもので、負けた場合イベントは即刻中止であんこう踊りを踊るという厳しいペナルティーが言い渡される。

 早速あんこうチームからスタートを切り、劇場版の継続高校の決戦前夜のワンシーンでミカが (さらに…)

【写真再追加】蝶野正洋サプライズ登場で開幕&注意事項告げる!「第2次ハートフル・タンク・カーニバル」キャスト人数に圧巻の光景【前編】

蝶野正洋サプライズ登場で開幕&注意事項告げる!「第2次ハートフル・タンク・カーニバル」キャスト人数に圧巻の光景【前編】

「第2次ハートフル・タンク・カーニバル」開催でキャスト人数に圧巻の光景!

 “ガルパン”の愛称で親しまれているアニメ『ガールズ&パンツァー』のイベント『第2次ハートフル・タンク・カーニバル』が8月28日、神奈川・パシフィコ横浜 国立大ホールで開かれキャストやゲスト総勢30人がステージで盛り上がった。

 ガルパンは、戦車を使った武道『戦車道』が大和撫子のたしなみという (さらに…)

【写真再追加】ALTIMA活動休止発表へスピーチ!デーモン閣下がマリオ化やGRANRODEO・KISHOWが10年へ思い【アニサマ初日4】

ALTIMA活動休止発表へスピーチ!デーモン閣下がマリオ化やGRANRODEO・KISHOWが10年へ思い【アニサマ初日4・セトリ付】

ALTIMAが活動休止へ思いを語った

 ※3(後半トップもデーモン閣下!村川梨衣初出場も堂々パフォーマンス&相坂優歌とコラボも【アニサマ初日3】)より

 後半の中盤では6年ぶりとなるKOTOKOが登場。2010年シークレットアーティスト以来のアニサマになるというKOTOKOは「帰ってきたよアニサマ!私にとって6年ぶり」と、喜びを口にしつつ、TVアニメ『アクセル・ワールド』ED『→unfinished→』の歌唱となり、「アクセル・ワールドは本当に私にとっての出会いをくれて、本当に大切な大切な作品です」と、思い入れを語っていた。

 KOTOKOは続けて、劇場版『アクセル・ワールド―インフィニット・バースト―』主題歌『PLASMIC FIRE』の (さらに…)