Archives

橋本環奈、ちょっと大人なブルーのドレスで登場!高校卒業に「JKと言えなくなった」

橋本環奈、ちょっと大人なブルーのドレスで登場!高校卒業には「JKと言えなくなった」

 女優・橋本環奈(18)が18日、都内で行われた「Advertising Week Asia2017」(以下:AWAsi2017)事業戦略発表会に出席し、1日アンバサダーに就任した。

 同イベントは、マーケティング、広告、テクノロジー、そしてエンターテイメントなどの幅広い業界がひとつとなり、未来のソリューションを共に探求する世界最大級のコミュニケーションの祭典。

 情報の共有、拡散には、いまやSNSは欠かせない。誰もがキーワードやbazzっている言葉を探し求める。そんな時代の申し子として、「SNSが作り出した第一号アイドル」である橋本環奈。

 福岡という地方アイドルグループ『Rev.from DVL』のメンバーだった橋本。パフォーマンスしている一瞬を切り撮った写真がネットに上がると、「奇跡の1枚」「天使すぎる」と瞬く間に拡散。“1000年に一人の美少女”として、人気が爆発した。

 そのアイドルグループも3月31日で解散。橋本は高校を卒業して、芸能界一本で勝負することに。シグネチャーカラーのブルーのトレスで登場した橋本。高校を卒業して、新社会人となった感想を、「友だちとJKっていえなくなったねって。3月の卒業式のあとにすぐに撮影で制服を着たので、実感わかなくて。プライべートでは着ないですけど、撮影では着れるので満足してます」と、笑わせつつ、「話すことに自覚持たないと。日々仕事していく中で高校生という言葉に甘えてはいけない」と、自覚も。

 アイドル時代は、歌にダンスに女優にと活動も多岐にわたったが、「迷っているところです。自分自身器用じゃないので、新しいことにいろいろ挑戦していって、なにかの形にもっていければ」と、模索中のようだ。

 福岡の高校に通っていたこともあり、東京に仕事がある時は福岡から通っていたが、「上京は考えているんですけど引っ越し準備が追いつかなくて」と、拠点を冬季用に移す予定という。その東京生活でやりたいことは、「自動車の免許を取りたいです。免許取ったら行動範囲広がるし、東京を知らないので、もっと東京を知りたい」と、目標を。

橋本環奈、ちょっと大人なブルーのドレスで登場!高校卒業には「JKと言えなくなった」

 SNSを使う上で注意していることは、「炎上」ではなく、「家にいるときに、位置情報はオンにしないようにしています。私が知らないシステムで、家がバレちゃうことを気を付けています」と、ネットの怖さに注意しているという。

 また、SNSを熱狂させるコツを聞かれると、しばらく考えた後、「共有することですかね」と。リツイートやリプライなど、相互にアンサーすることで、「読んでくれている」とうれしくなるし、「勇気・元気もらいました」というコメントには、「こっちが逆にそれを見て勇気・元気をもらってます」と、ファンとの交流を大切にしている橋本らしいコメント。

 Advertising Weekは、広告業界にとどまらず、世界各国から様々な業界のマーケティングやブランディング、テクノロジー、コミュニケーションに携わるプロフェッショナルから学生までが集まり、今注目されているトピックを議題としたプレゼンテーション、セミナー、ワークショップやネットワーキングイベントが開催される。共に学び、業界内外のネットワークを広げる機会として、これまでに世界中から250万人が参加している。

 2004年にニューヨークで発足し、今年の秋に14年目を迎えるAdvertising Week(アドバタイジング・ウィーク)は、これまでニューヨークやロンドンなどで開催されてきた。昨年、広告市場の規模が世界2位のアジアへ初上陸。東京で開催された。2年目となるAdvertising Week Asiaも東京・六本木の東京ミッドタウンにて5月29日(月)から6月1日(木)の4日間開催される。

 

橋本環奈、ちょっと大人なブルーのドレスで登場!高校卒業には「JKと言えなくなった」


橋本環奈、ちょっと大人なブルーのドレスで登場!高校卒業には「JKと言えなくなった」


橋本環奈、ちょっと大人なブルーのドレスで登場!高校卒業には「JKと言えなくなった」


“祝日”が“終日”など「聞き間違えない話し方講座」に東京スカイツリースタッフ受講

“祝日”が“終日”など「聞き間違えない話し方講座」に東京スカイツリースタッフ受講

 パナソニックは、パナソニック補聴器と協力して推進する「Talking Aid Project」が提供するセミナー『聞き間違えない話し方講座』を4月6日、東京・東武タワースカイツリー株式会社(R)で開催した。

 「Talking Aid Project」は難聴の人が聞き取りやすい言葉が飛び交う“言葉のバリアフリー”社会を目指し、話し手に着目し、難聴の人でも聞き取りやすい言葉・話し方を広める啓発活動だ。

 セミナーには、東京スカイツリーの案内業務を担当するスタッフ15名が参加。当日は Talking Aid Projectの担当者であり、Panasonic補聴器営業本部 営業グループ 広報担当の光野之雄よりTalking Aid Projectの概要説明を受けたのち、三省堂と共同開発した聞き間違えやすい言葉約150万組の言い換えや発音を掲載したデジタル辞書『聞き間違えない国語辞典』(現在無料)を使って、

 「祝日が終日」
 祝日営業しております
 終日営業しております
 ※祝日を祝祭日と言い換えたり、「国民の」祝日と言い添える。

 「点灯が変更」
 本日は「粋」が点灯されています
 本日は「粋」が変更されています
 ※本日は「粋」がライトアップされておりますと、言い換える

“祝日”が“終日”など「聞き間違えない話し方講座」に東京スカイツリースタッフ受講

 「快晴が最低」
 本日の天候は快晴のためエレベーターは通常運行しています
 本日の天候は最低のためエレベーターは通常運行しています
 ※本日の天候は「雲ひとつない」快晴とか、「いいお天気」のためと言い換える

 「千葉が木場」
 左手が千葉方面です
 ※左手が「船橋がある」千葉方面ですと付け加える

 など、実際に業務で使用する言葉を例に挙げ、聞き間違えないように言い換える練習などを行った。

 また、参加者をグループ分けし、どのように言い換えると聞き間違えを避けられるかといったディスカッションの時間も設けられ、積極的に意見交換をする様子が見られた。

 受講した女性スタッフは、「どのように聞き間違えが発生しているのかが理解でき、またそれを言い換えることで伝わりやすくなるという発見がありました。日々の接客業務において、お客様へのご案内時には注意をしながら取り組みたいと思います。また、本日学んだことを、共に働くスタッフへも共有していきたいです」と、語った。

 デジタル辞書『聞き間違えない国語辞典』(現在無料)
 【聞きこく】で検索 kikikoku.jp/

 ※取材した記者の感想
 これは、難聴の人だけにあてはまることではなく、タクシーに乗って「渋谷」と告げたのに「日比谷」に向かわれた経験がある。また、「板橋」が「代田橋」に聞き間違えられたなどの話も聞いたことがある。喧噪など音がクリアに聞こえない状況。声がこもりがちな人、またはマスクしてしゃべる場合などは、聴き間違えは起こりうるので、思い込みで話すのではなく、より、明確に伝わる話し方や相手の立場に立った話し方を身につけることが大事だと思った。アナウンサーや電話のオペレーターなどに聞けば、「1」と「7」や「B」と「D」の混同を避けるための確認の都市方、発音の仕方など、もっといろいろと出てくるはずなので、そのあたりからも、『聞き間違えない国語辞典』が充実し、「Talking Aid Project」が広がればいいと思った。

 

“祝日”が“終日”など「聞き間違えない話し方講座」に東京スカイツリースタッフ受講


“祝日”が“終日”など「聞き間違えない話し方講座」に東京スカイツリースタッフ受講


“Sony Square Shibuya Project” 4月8日渋谷モディ1階にオープン!4月は「音楽」をテーマに企画展

“Sony Square Shibuya Project” 4月8日渋谷モディ1階にオープン!4月は「音楽」をテーマに企画展

 ソニーが、渋谷モディ1階に、4月8日より新しい情報発信拠点『Sony Square Shibuya Project(日本語表記:ソニースクエア渋谷プロジェクト)』をオープンするにあたり、その前日となる7日、同所でマスコミ向けの内覧会が行われた。

 Sony Square Shibuya Projectは、ソニーグループの製品、テクノロジー、コンテンツなどを掛け合わせることで、ユニークかつ新たなソニーの魅力を伝えることをめざして開設されるスペース。展示は、1~2ヶ月毎に更新されるテーマに基づいた企画展示となり、定期的に変更される。製品のデモンストレーションにとどまらず、インタラクティブな参加型の体験や、エンタテインメントやテクノロジーに関連したワークショップ、エンタテイメントコンテンツと開発中の技術を融合させたユニークな体験型展示など、渋谷の街を訪れる人の好奇心を刺激する体験を提供していく。

 オープニングの4月は「音楽」をテーマに「Music Crossroads」と題した企画をお届け。
 ■第1弾企画 「Music Crossroads」
 「アーティスト×テクノロジー」「アナログ×デジタル」など、ソニーならではの視点とソニーグループが有する幅広いアセットにより、音楽のさまざまな楽しみ方を掛け合わせたユニークな企画。
 開催期間:2017年4月8日 ~5月31日予定

“Sony Square Shibuya Project” 4月8日渋谷モディ1階にオープン!4月は「音楽」をテーマに企画展

 Contents.1「交差点×BEAT」
 渋谷の街を音楽にしよう!
 渋谷モディ前の交差点に設置されている「ソニービジョン渋谷」のカメラスルー映像を楽器にみたて、交差点を「演奏」できる体験型展示。Sony Square Shibuya Project内に設置されたタッチディスプレイには、渋谷モディ前の交差点のライブ映像を投影、それをターンテーブルにみたて、指先で叩いたり、スクラッチしたりすることでビートを刻むことができる。
 『Sony Square Shibuya Project』と「ソニービジョン渋谷」を大胆につなぎ、大きなスケールで今までにない音体験を提供する。
 【スペシャルパフォーマンス映像】
 ブレイクビーツユニットHIFANAによるスペシャルパフォーマンス映像!「ソニービジョン渋谷」にて4月16日(日)公開予定!

“Sony Square Shibuya Project” 4月8日渋谷モディ1階にオープン!4月は「音楽」をテーマに企画展

 Contents.2「レコード×ハイレゾ」
 近年再ブームとなっているアナログレコードの魅力にはまる!
 話題の新譜アナログレコードと名盤を取り揃えて、ジャケットデザインを楽しんで頂くとともに、実際に針を落として試聴が出来る。レコードプレイヤー「PS-HX500」はアナログレコードの温もりのある豊かなサウンドを再生できるだけでなく、原音に限りなく忠実にデジタル変換したハイレゾ音源との聴き比べも楽しめる。
 <体験できるソニー製品>
 ステレオレコードプレーヤーPS-HX500、ウォークマン(R)NW-WM1Z、ウォークマン(R)NW-WM1A、ヘッドホンMDR-Z1R、ヘッドホンMDR-1000X、DAC内蔵ヘッドホンアンプTA-ZH1ESなど
 <アーティスト一覧>
 ASIAN KUNG-FU GENERATION、YUKI、ユニコーン、電気グルーヴ、デヴィッド・ボウイ、マイケル・ジャクソン、ピンク・フロイド他

“Sony Square Shibuya Project” 4月8日渋谷モディ1階にオープン!4月は「音楽」をテーマに企画展

 Contents.3「ジャケットアート×衝動」 思わずジャケ買いしてしまった「私のベスト5レコード・ジャケット」をアーティストやタレントたちがリレー形式で紹介。「あの人」のジャケ買い衝動コメントも楽しみいただける。
 【コラボレーションアーティスト】
 第1弾:4月8日(土)~4月23日(日)
 ANI(スチャダラパー)/小峠英二(バイきんぐ)
 第2弾:4月24日(月)~5月9日(火)
 Gotch(ASIAN KUNG-FU GENERATION)/石野卓球(電気グルーヴ)
 第3弾:5月10日(水)~5月31日(水)
 随時更新予定!

“Sony Square Shibuya Project” 4月8日渋谷モディ1階にオープン!4月は「音楽」をテーマに企画展

 Contents.4「MESH(TM)×楽器」
 MESH(メッシュ)という、明るさセンサーや動きの感知など一つ一つ異なる機能をもつ、小さなブロック形状の電子タグを使ったオリジナル楽器をタッチ&トライできる。
 動きや明るさを感知するMESHタグが反応して、色々な音が出る仕組みを使い、今回はギターと、トランペットを作った。
 MESHで簡単に作れるオリジナル楽器の仕組みをスタッフが紹介する。
 ※4/27(木)終了予定

 

“Sony Square Shibuya Project” 4月8日渋谷モディ1階にオープン!4月は「音楽」をテーマに企画展


“Sony Square Shibuya Project”オープニング記念プレイベント開催!「Fashion」をテーマにボーダー服を楽器化

“Sony Square Shibuya Project”オープニング記念プレイベント開催!「Fashion」をテーマにボーダー服を楽器化

 4月8日に渋谷モディ1階にオープンするスペース『Sony Square Shibuya Project』のオープニングを記念したプレイベントが、3月20日に同所1階の店頭プラザで開催された。

 「Sony Square Shibuya Project」とは、ソニーの製品、テクノロジー、コンテンツなどを掛け合わせることで、ユニークかつ新たなソニーの魅力を伝えることをめざして開設されるスペース。

 同スペースの展示は、1~2ヶ月毎に更新されるテーマに基づいた企画展示となり、定期的に変更される。製品のデモンストレーションにとどまらず、インタラクティブな参加型の体験や、エンタテインメントやテクノロジーに関連したワークショップ、エンタテイメントコンテンツと開発中の技術を融合させたユニークな体験型展示など、渋谷の街を訪れる人の好奇心を刺激する体験を提供してく。

 プレイベントでは「Fashion」をテーマに掲げ、当日は、SMA(ソニー・ミュージックアーティスツ)所属のOpen Reel Ensembleのメンバーである和田永を招き、ボーダー服の横縞の映像を音の信号化することでボーダー服を楽器化するライブパフォーマンスが行われた。

 どういうことかというと、ある日、暗がりの中でテレビの配線をいじっていて、音と映像の端子を逆につないでしまったらテレビに横縞のノイズが現れた。音を繋いで現れた映像なのだから、それは音を意味しているはずだと思い、カメラでその横縞を撮影して、映像の端子を音声の端子に引っくり返してつないだところ、なんと!音に戻るという現象が起こったという。

 そして、そのテレビのノイズとボーダーシャツが似ていることから、ボーダーシャツも音になるはずと思い、ボーダーシャツをビデオに写したところ音が出た。しかも、近づけたり、遠ざけたり、揺らしたりするといろいろな音が出ることが分かった。また、ボーダーの数や幅によっても音の出方が違うこともわかり、楽器化させる、というパフォーマンスを思いついたとのこと。

 イベントでは、実際に、ビデオの前で自分のTシャツのボーダーラインを遠ざけたり近づけたりしてベートーヴェンの第9を演奏し、集まった観衆から拍手喝さいが起こった。

“Sony Square Shibuya Project”オープニング記念プレイベント開催!「Fashion」をテーマにボーダー服を楽器化

 スペシャルゲストとして、1回目のステージには“カジヒデキ”が、2回目のステージには“DJみそしるとMCごはん”が登場。それぞれのゲストと、ボーダー服を着て自由に動き回り演奏し大盛りあがりのセッションに和田は、「こんなに熱くなれるとは!」と楽しそうにコメント。ボーダー服を着た観客も参加し、それぞれの方が動きを工夫したセッションを行い、会場は一体感に包まれた。最後に和田から今後の本プロジェクトに対して、「都市空間で遊び心あふれる体験を作っていってほしいですね。今日みたいに興奮できるような、ワクワクすることをやっていってほしい」と、期待を込めて力強く語った。

 さらに、時計全体が1枚の電子ペーパーでできており、服装やシーンに合わせてデザインを変えることのできる「FES Watch」を街ゆく人に身につけてもらい、スナップ写真を撮影。その写真は、当日、渋谷モディの壁面の街頭大型ビジョン『ソニービジョン渋谷』に映し出された。

 また、電子ペーパーでつくる未来のファッションの可能性として、「2020年のファッションアイテム」の展示や、新進気鋭のアーティスト4名がこの日のために『Xperia Ear』をデコレーションした作品も、コンセプト展示された。当日は新しい驚きのある展示と、参加型コンテンツを楽しむ観客で大盛況となった。

 Sony Square Shibuya Project では、4月8日から、活動の第1弾として「音楽」をテーマにした企画、“Music Crossroads (ミュージック・クロスロード)”を実施する。「アーティスト×テクノロジー」「アナログ×デジタル」など、ソニーならではの視点で、音楽の様々な楽しみ方を掛け合わせたユニークな企画を予定しています。渋谷の街を訪れる人の好奇心を刺激する体験を提供していきますので、ぜひご注目ください。

 ※情報は随時下記サイトで更新いたします。
 Sony Square Shibuya Project サイト: http://www.sony.co.jp/square-shibuyapj/

 

“Sony Square Shibuya Project”オープニング記念プレイベント開催!「Fashion」をテーマにボーダー服を楽器化


“Sony Square Shibuya Project”オープニング記念プレイベント開催!「Fashion」をテーマにボーダー服を楽器化


“Sony Square Shibuya Project”オープニング記念プレイベント開催!「Fashion」をテーマにボーダー服を楽器化


“Sony Square Shibuya Project”オープニング記念プレイベント開催!「Fashion」をテーマにボーダー服を楽器化


“Sony Square Shibuya Project”オープニング記念プレイベント開催!「Fashion」をテーマにボーダー服を楽器化


“Sony Square Shibuya Project”オープニング記念プレイベント開催!「Fashion」をテーマにボーダー服を楽器化


“Sony Square Shibuya Project”オープニング記念プレイベント開催!「Fashion」をテーマにボーダー服を楽器化


世界初!畳で作った食べられる箸!日本の伝統文化の「畳」を“口にする”ことも少なくなってきたので

世界初!畳で作った食べられる箸!日本の伝統文化の「畳」を“口にする”ことも少なくなってきたので

 日本の伝統文化の一つである畳。障子と対をなし和室にはなくてはならないもの。

 和室に入った時のあの匂い、不思議と精神も落ち着き、日本人なんだなぁと思ってしまう。

 それは洋室のフローリングや床、壁とはやはり違う。

 ・・・なんて、詩的に始めてみましたが、和室の減少とともに、その日本人の心とも言うべき畳を目する機会も減少し、「畳」という言葉を“口にする”ことも少なくなってきている。そのうち、都会では「畳って何?」なんていうことになってしまうかも・・・。

 そこで、熊本県いぐさ・畳表活性化連絡協議会は、畳の原料“いぐさ”の国内シェア9割を超える熊本県八代地域の人々共に世界初!いぐさが原料の「食べられるお箸(畳味)」を作った!

 4月1日エイプリルフールから1週間以上過ぎているので、冗談ではなく、本当の話。この箸は、口にすることができるほど安全で高品質な熊本産いぐさを100%使用。さらに、いぐさはただ口にできるだけではなくレタスの約60倍の食物繊維含有量(※1)という高い栄養価があることにも注目。この箸には、1膳あたりサラダ1皿分(※2)の食物繊維を含んでおり、ただ食べられるだけではなく健康にも良いお箸というすぐれもの。

世界初!畳で作った食べられる箸!日本の伝統文化の「畳」を“口にする”ことも少なくなってきたので

 箸は一本一本職人が手作りで生地を練り上げ、じっくり低温で焼き上げている。制作は、食べられる食器などを製造する愛知県の老舗「株式会社丸繁製菓」へ依頼。丸繁製菓が持つ技術力と、熊本県産いぐさの高い品質があったからこそ完成した製品となっている。

 ただ、弱点は硬いものは箸が折れてしまうから切れないということで、実用性がどこまであるかは微妙。

 また、この食べられるお箸(畳味)で実際に御食事ができる場所を都内2店舗・熊本1店舗で期間限定で用意。

 1.「熊本県ゆかりの店舗:うまと」
 熊本郷土料理 うまと(東京都港区新橋4-9-1)にて1日20膳限定で取り扱い開始。

 2.「熊本県ゆかりの店舗:藺家」
 藺家(熊本県八代市千丁町古閑出3-5)にて200膳限定で取り扱い開始。

 3.「夜食の栄養補給に採用:CASA Afeliz Ginza」
 ~ 食物繊維が豊富で抗酸化効果もあるいぐさをスパニッシュスタイルにアレンジ~
 CASA Afeliz Ginza(東京都中央区銀座7-9-15GINZA gCUBE 8F )では、いぐさを活用したメニューも独自開発!

 ※1:森田洋ほか (2002) 「イグサの機能性と食品産業への新展開」
 ※2:一般的な野菜サラダ1皿77g中食物繊維量
 参考:食品成分データベースを参考(https://fooddb.mext.go.jp/index.pl)
 キャンペーンサイトURL:www.igsa.jp/idea
 プロジェクトムービー :
 https://www.youtube.com/watch?v=qBOXZBgXqDs&app=desktop

 

世界初!畳で作った食べられる箸!日本の伝統文化の「畳」を“口にする”ことも少なくなってきたので


世界初!畳で作った食べられる箸!日本の伝統文化の「畳」を“口にする”ことも少なくなってきたので


世界初!畳で作った食べられる箸!日本の伝統文化の「畳」を“口にする”ことも少なくなってきたので


世界初!畳で作った食べられる箸!日本の伝統文化の「畳」を“口にする”ことも少なくなってきたので


世界初!畳で作った食べられる箸!日本の伝統文化の「畳」を“口にする”ことも少なくなってきたので


福原愛、姉のように慕うコーチと手を握り合い、ぬくもりを通じ、絆を確かめ合う!“愛情ホルモン”オキシトシン効果

福原愛、姉のように慕うコーチと手を握り合い、ぬくもりを通じ、絆を確かめ合う!“愛情ホルモン”オキシトシン効果

 日用品、医薬品(漢方薬)、食品などの事業を行っている『クラシエ』は、暮らしの中にある大切なことを発見するプロジェクト『Feel the dot』(フィール・ザ・ドット)を開始。

 その一環として、オリンピック2大会連続のメダリストで、昨年11月に結婚した卓球の福原愛選手(28=ANA所属)が参加した、実験動画『# feel the warmth ~人はぬくもりで会話できる~』を、4月1日より公開した。

 これは、スキンシップをとることで愛情ホルモンと呼ばれる「オキシトシン」が上昇するという科学データから着想し、「お互いの手に触れ合う」ことで、「ぬくもり」の可能性を引き出した、暮らしの実験動画だ。

 福原選手が、「もし、出会わなければ、今の自分はなかった」と、断言する実姉のように慕う張莉梓(チャンリサ)コーチと参加。2人は、選手とコーチという関係の中で、世界一の卓球選手という夢に挑戦し、共に様々な困難に向き合ってきた。

 体験した福原選手は、「大舞台で緊張している時に、張さんに支えられながら、試合に臨んでいること、その時の感情などを思い出しました」とコメント。張コーチは、「一緒に困難を乗り越えていく中で、分かち合った喜びや苦しみを思い出し、つい涙が出てしまいました」と、感涙するほど、熱いものがこみ上げた様子。

 体験の結果は、ぬくもりを通じ、共に様々な困難を乗り越えた過去を振り返るきっかけとなり、改めて絆を確かめ合うことができたという。

 他にも、3年前に親子になってから手を握り合ったことがない娘と義母。結婚から45年、プライベートも仕事も二人三脚で歩んできた夫婦。スキンシップで気持ちを伝えることができると考えているカップルという関係性の異なる3組が、それぞれ体験。ぬくもりを通じ、感謝や気持ちが通じ合うことができたという。

 本動画での実験効果について、東邦大学名誉教授でセロトニンDojo代表の有田秀穂氏は、「“愛情ホルモン”と呼ばれるオキシトシンの効果といえるでしょう。人間は、言葉を使ってコミュニケーションするほかに、スキンシップを通じて、心のコミュニケーションをする能力も備わっています。心地よいスキンシップによって年齢・性別に関係なく脳内に、オキシトシンが分泌され、無意識的に絆や幸福感をもたらす働きがあります。また、スキンシップによるオキシトシンの分泌は、2人が同調するかたちで発生することも分かっています。そのため、言葉以上に相手の心を動かす力と癒す力を備えている」と、解説した。

 有田名誉教授によると、スマートフォンやパソコンという優れた道具が普及した結果、いつでもどこでも誰とでも、簡単に言語コミュニケーションが取れるようになったが、この道具を使い続けることで、言語機能をもつ大脳が1日中酷使され続け、脳が慢性的にストレスを感じやすくなっているという。
 「この脳ストレスを解消し、心を癒すために、非言語のスキンシップ行動が勧められます。オキシトシンを積極的に分泌させるスキンシップ行動は、脳のストレスを解消する効果」があるとか。

 (※効果・感情にはそれぞれ個人差があります)

 また、全国の20代から50代の男女400人に、「人とのコミュニケーションに関する調査」(※1)を行ったところ、「日本人の半数以上が、大切な人と直接会話する機会が減っていると自覚」しており、「日本人の3人に1人が、大切な人と会話する1日平均時間が“3分間”」という結果になった。

 さらに、日本人の約70%がスキンシップの重要性を感じつつも、同じぐらいの人がスキンシップをとることに苦手意識を持っていることもわかった。

 ※1)■アンケート調査概要
 調査名:人とのコミュニケーションに関する調査
 調査方法:インターネット調査
 実施期間:2017年3月
 調査対象:全国の20代から50代の有職者男女400人
 (20代~50代まで、男女各50人ずつで均等)

 WebサイトURL:http://www.kracie.co.jp/kurashi/feelthedot/

 

福原愛、姉のように慕うコーチと手を握り合い、ぬくもりを通じ、絆を確かめ合う!“愛情ホルモン”オキシトシン効果


福原愛、姉のように慕うコーチと手を握り合い、ぬくもりを通じ、絆を確かめ合う!“愛情ホルモン”オキシトシン効果


福原愛、姉のように慕うコーチと手を握り合い、ぬくもりを通じ、絆を確かめ合う!“愛情ホルモン”オキシトシン効果


福原愛、姉のように慕うコーチと手を握り合い、ぬくもりを通じ、絆を確かめ合う!“愛情ホルモン”オキシトシン効果


福原愛、姉のように慕うコーチと手を握り合い、ぬくもりを通じ、絆を確かめ合う!“愛情ホルモン”オキシトシン効果


福原愛、姉のように慕うコーチと手を握り合い、ぬくもりを通じ、絆を確かめ合う!“愛情ホルモン”オキシトシン効果


運転に苦手意識のある女性が集まるコソ練教習所に50名が参加!大好評につき「また続けていきたい」

運転に苦手意識のある女性が集まるコソ練教習所に50名が参加!大好評につき「また続けていきたい」

 運転に苦手意識のある女性が“コッソリ”練習できる秘密の教習イベント「NISSAN DAYZシリーズ コソ練教習所」(主催:日産自動車)が3月4日、東京・大井競馬場 ウマイルスクエアで開催された。

 「ペーパードライバー歴5年」「一人の練習は勇気がいる」「夫に習うのも恥ずかしい」そんな女性たちのために、運転の基本を手軽に“コッソリ学べる教習所”だ。

 当日は、ペーパードライバー歴20年以上という方も含め、1600名応募のあった中から50名が参加。教室での講習から走行練習まで、約2時間の集中レッスンが行われた。

 女性教官の指導のもと、万が一ぶつけても平気なダンボールでつくられた街並みのコースで、ハンドルの正しい持ち方や正しい姿勢・座席のセッティングといった基本から、クランク走行や車庫入れなどの実践練習まで行った。

 参加した女性からは、急ブレーキをかけるときのブレーキを踏む強さを実際に体験してみて、「こんなに強く踏んだ方が良いとは知らなかった」という驚きの声や、苦手な人が多いと言われる車庫入れについても、ポイントを習い、実際に挑戦してみると、「今までは止めるのが怖くて、車に乗るのを避けていたけれど、できるようになって嬉しい」と、苦手意識を克服できた喜びの声が聞かれた。

 最後は、体験者全員が、「NISSAN DAYZシリーズ コソ練教習所」の修了書を授与された。受けた感想を聞かれると、「楽しかった」と満足の声や「脱ペーパーのきっかけになった」「もっと運転したくなった」など前向きな声が多数聞かれた。

 日産自動車 日本マーケティング本部 マーケティングマネージャー 青山真理子さんは、「移動手段として、とても便利なものである車が、『運転自体や、止めるのが怖い』という理由で避けられるのは、とても残念に感じていました。今回は、体験者の運転する車に同乗もしましたが、体験者がだんだん笑顔で楽しそうに運転されていく様子を見ることができ、とても嬉しかったです。また続けていきたい」と、今後の意気込みを語りました。

 また、20〜40代の「運転がどちらかと言えば苦手」な女性 計300名に実施したアンケートをもとに、クルマをより安全に、より楽しく運転するためのアドバイスをまとめた「女性とつくった運転マニュアル」に沿った運転に際してのポイントや豆知識も解説された。

 【NISSAN DAYZシリーズ コソ練教習所 実施概要】
 ■日 時 2017年3月4日(土) 9:30-17:00の中で3回実施
 ■会 場 大井競馬場 ウマイルスクエア(〒140-0012 東京都品川区勝島2-1-2 大井競馬場内)
 ■備 考 コソ練教習所は下記の通り3回に分けて開催いたしました。
     (1)9:30~12:00(9:00~集合)(2)12:00~14:30(11:30~集合)(3)14:30~17:00(14:00~集合)

 公式サイト:http://www2.nissan.co.jp/DAYZ/SP/KOSOREN/

 

運転に苦手意識のある女性が集まるコソ練教習所に50名が参加!大好評につき「また続けていきたい」


運転に苦手意識のある女性が集まるコソ練教習所に50名が参加!大好評につき「また続けていきたい」


運転に苦手意識のある女性が集まるコソ練教習所に50名が参加!大好評につき「また続けていきたい」


運転に苦手意識のある女性が集まるコソ練教習所に50名が参加!大好評につき「また続けていきたい」


運転に苦手意識のある女性が集まるコソ練教習所に50名が参加!大好評につき「また続けていきたい」


運転に苦手意識のある女性が集まるコソ練教習所に50名が参加!大好評につき「また続けていきたい」


篠原信一&河北麻友子、成田空港で「たびレジ」登録を訴え!日本人が海外で犯罪被害にあう件数は、毎年5000件前後

篠原信一&河北麻友子、成田空港で「たびレジ」登録を訴え!日本人が海外で犯罪被害にあう件数は、毎年5000件前後

 外務省は、春の海外安全強化月間キャンペーンの一環として、登録するだけでタダで海外の安全情報がメール配信される「たびレジ」の登録促進イベントを、3月27日に千葉県・成田空港第2旅客ターミナル本館3階出発ロビー南側 スカイリウムにて、行った。

 当日は、2000年シドニーオリンピック男子柔道100kg超級の銀メダリストで、現在タレントの篠原信一(44)とアメリカニューヨーク州生まれの女優・河北麻友子(25)をゲストに迎え、海外旅行時の体験から「たびレジ」の有用性に関するトークショーや実際にこれから海外旅行に向かおうとしているお客さんたちと一緒にたびレジに登録する催しが行なわれた。

 薗浦健太郎外務副大臣から、「日本人が海外で犯罪被害にあう件数は、毎年5000件前後にのぼっています。治安に関してこの日本という国が例外的によい国なんだということを海外に旅行する方に理解してほしい」と、最近でもベルリンやロンドンのビッグベンにかかる橋など、観光客が多く訪れる場所でもテロが起こっていることから、意識改革と注意喚起を促した。

 続いて、薗浦外務副大臣から、ゲストで登場した篠原に「世紀の護身」というタスキが授与された。これは、2000年のシドニーオリンピックで、「世紀の誤審」により銀メダルに終わってしまったことにひっかけたもの。スライドに書かれた「誤審」の文字に、「漢字が間違っとるやんけ!」と鋭いツッコミを入れるなどして、会場を盛り上げた。

 トークショーでは、ひとあし早く登録して実際に海外で活用したという篠原が、「たびレジ」の有用性を解説。まだ、登録していないという河北は、「ガイドブックにも載っていない、地元の人しかわからないような細かい情報まで共有してくれるなんてありがたいです。是非登録したい!」と、コメント。

 ここで、実際に河北は、海外旅行にいままさに飛び立とうとしている旅行者や来場者たちと一緒に、画面を見ながら登録。「たびレジ」とネットで検索し、サイトにアクセス。あとはメールアドレスなどの情報を入力し、チェックを入れるだけと数分で仮登録が完了。「本当に簡単な入力だけで登録が数分でできるのでオススメです!」と、河北もその簡単さに感動していた。

篠原信一&河北麻友子、成田空港で「たびレジ」登録を訴え!日本人が海外で犯罪被害にあう件数は、毎年5000件前後

 また、イベント終了後の囲み取材で、河北も知らないということから、「世紀の誤審」を再現!相手の内股をすかしたはずが自分の体勢がこんな感じに・・と熱演。しかし、篠原は、「誤審だ誤審だと言われているが、あれは誤審でもなんでもなく、私の力がなかっただけ」と、スポーツマンらしいコメント。

 篠原、河北は、「たびレジに登録してぜひ楽しい海外旅行にしてくれれば」と、イベントを観覧していた方々に訴えていた。

 ■たびレジ
 海外旅行や海外出張される方が、旅行日程・滞在国・連絡先などを登録すると、滞在先の最新の海外安全情報や最寄りの日本国大使館等の緊急時の連絡先などが無料で受け取れるサービス。
登録した情報は、旅先で大規模な事件や事故、災害などが発生した際に安否確認が行われる場合にも利用される。

 そのポイントは3つ。

 (1)お役立ち情報の提供
 たびレジに旅行日程を登録すると、旅行先国の最新の安全情報や、旅行先の大使館等の連絡先などが、メールで届きます。

 (2)日本で待つ人にも情報共有
 ご自身のメールアドレス以外に、日本で待つご家族や職場の方のアドレスも登録可能。登録すれば、旅行者本人が受け取る情報と同じ情報を受け取ることができる。

 (3)旅行の予定がなくても使える
 「簡易登録」を利用すれば、旅の予定が決まっていない方や、旅行しない方でも、気になる国の情報を受け取ることができる。

 

篠原信一&河北麻友子、成田空港で「たびレジ」登録を訴え!日本人が海外で犯罪被害にあう件数は、毎年5000件前後

河北麻友子

篠原信一&河北麻友子、成田空港で「たびレジ」登録を訴え!日本人が海外で犯罪被害にあう件数は、毎年5000件前後

篠原信一


篠原信一&河北麻友子、成田空港で「たびレジ」登録を訴え!日本人が海外で犯罪被害にあう件数は、毎年5000件前後

真剣な表情で登録する河北


篠原信一&河北麻友子、成田空港で「たびレジ」登録を訴え!日本人が海外で犯罪被害にあう件数は、毎年5000件前後


篠原信一&河北麻友子、成田空港で「たびレジ」登録を訴え!日本人が海外で犯罪被害にあう件数は、毎年5000件前後


篠原信一&河北麻友子、成田空港で「たびレジ」登録を訴え!日本人が海外で犯罪被害にあう件数は、毎年5000件前後


篠原信一&河北麻友子、成田空港で「たびレジ」登録を訴え!日本人が海外で犯罪被害にあう件数は、毎年5000件前後


「いけぶくろ防災フェスタ2017!」 防災を身近に、家族みんなで楽しく学べる!

「いけぶくろ防災フェスタ2017!」 防災を身近に、家族みんなで楽しく学べる!

 3月8日、東京・豊島区のサンシャインシティ噴水広場で、「いけぶくろ防災フェスタ2017」(主援:一般財団法人日本気象協会、UR都市機構)が行われ、平日にもかかわらず大勢の小さいお子さんを連れた親御さんから、時間帯によってご年配の方から学生まで多くの買い物客が参加した。

 同フェスタは、芸術・文化の多様な魅力があふれる池袋で、まちづくりとともに防災についてもっと身近に、もっとわかりやすく家族みんなで楽しく学べるイベント。主催団体が展示するブースや、市民参加型の無料体験イベント(イザ!カエルキャラバン!)など盛りだくさんのプログラムが催された。

 独立行政法人UR都市機構が東池袋の造幣局跡地に防災公園を整備するなど街づくりにかかわっておりました。また、一般財団法人気象協会が防災啓発活動「トクする!防災」プロジェクト※1を展開していたことから、手を携えて防災啓発のイベントをやろうということになった。

 独立行政法人UR都市機構のスタッフの一人は、「春の火災予防運動(3月1日~7日まで)や東日本大震災のあった3.11というタイミングの中で、やはり防災意識を高めていただくイベントをやるならば、この時期にというのはありました。また、幅広い年齢層の方に、我々の活動は『こういったものだよ』と、わかりやすくお知らせできれば」と、趣旨を説明した。

 ※「トクする!防災」プロジェクトとは
 日本気象協会が推進する、“必要だとは思っているけれど、なかなか実践できない防災アクション”に対し、ちょっとしたおトク感や気軽さをプラスする取り組み。日頃から防災対策への興味・関心を高め、最終的に自分や家族の身を守ることができる備えをしながら、安心につなげていくことを目指している。

「いけぶくろ防災フェスタ2017!」 防災を身近に、家族みんなで楽しく学べる!

 【実施プログラム】
 ◆主催者プログラム
 ・UR都市機構:防災公園の使い方に関する参加型ワークショップ(造幣局地区を対象)
        紙芝居「みんなの公園(仮題)」
 ・一般財団法人日本気象協会:防災アプリ「わが家の防災ナビ」の紹介、アンケート、防災クイズ

 ◆「トクする!防災」協賛企業プログラム及びプレゼント
 ・井村屋株式会社:「えいようかん」等の試食体験、販売
 ・アルファー食品株式会社:アルファー化米等の試食体験
 ・ビクトリノックス・ジャパン株式会社:マルチツールを活用したミニワークショップ
 ・コールマンジャパン株式会社:「タフドーム」等の展示
 ・FDK株式会社:富士通アルカリ乾電池をプレゼント※2
 ・株式会社明治:「明治ほほえみキューブ」や「メイバランス」をプレゼント※3
 ※2と※3は、プログラムに参加しスタンプを4つ集めると、抽選でもらえる

「いけぶくろ防災フェスタ2017!」 防災を身近に、家族みんなで楽しく学べる!

 ◆イザ!カエルキャラバン!プログラム
 (1)ジャッキアップゲーム
  なまず人形の下敷きになってしまったカエル人形を、ジャッキを使って救出体験をする。
 (2)防災人形劇「おたま劇場」
  オタマジャクシとカエルの人形劇を披露し、小さな子どもにも親しみやすく防災の知識と知恵を伝える。シナリオは、池袋バージョンをスタッフみんなで考えたという。
 (3)紙食器づくり
  チラシや新聞紙を折って紙食器をつくる。水が不足する避難生活の食事で役立つ。
 (4)持ち出し品なぁに?クイズ
  災害時に備え各家庭で用意してほしい非常持ち出し品を覚える暗記クイズ

 ◆ツクモル by Toshimaプログラム
 オリジナルデコホイッスルづくり
 ホイッスルは防災のみならず防犯にも役立つグッズ。そんなホイッスルにシールを貼って、どうぶつや面白いキャラクターなどにデコレーション。ハギレを使ったファブリックロープも一緒に作って通せば、ホイッスルのストラップやネックレスの完成。

 

「いけぶくろ防災フェスタ2017!」 防災を身近に、家族みんなで楽しく学べる!

「いけぶくろ防災フェスタ2017!」 防災を身近に、家族みんなで楽しく学べる!


「いけぶくろ防災フェスタ2017!」 防災を身近に、家族みんなで楽しく学べる!

「いけぶくろ防災フェスタ2017!」 防災を身近に、家族みんなで楽しく学べる!


「いけぶくろ防災フェスタ2017!」 防災を身近に、家族みんなで楽しく学べる!

「いけぶくろ防災フェスタ2017!」 防災を身近に、家族みんなで楽しく学べる!


「いけぶくろ防災フェスタ2017!」 防災を身近に、家族みんなで楽しく学べる!

「いけぶくろ防災フェスタ2017!」 防災を身近に、家族みんなで楽しく学べる!


小林幸子、初のゴスロリ姿に「すごい恥ずかしい」!キュートなポーズと上目遣いで「可愛い顔して?」と

小林幸子、初のゴスロリで魔法少女姿に「すごい恥ずかしい」!キュートなポーズと上目遣いで「可愛い顔して?」のセリフを

 “ラスボス”という異名で、若者からも絶大な人気を誇る演歌歌手・小林幸子(63)が史上初の“ゴスロリ姿”に変身し、スマホ用育成型シューティングゲームアプリ『ゴシックは魔法乙女』(株式会社ケイブ)の新CMに出演することがわかった。『さっちゃんは魔法乙女』篇は3月18日(土)より放映される。

 TVCMでは、小林が史上初のゴスロリ姿に変身し、”使い魔・幸子“として登場。黒をベースとして白いレースやリボンがあしらわれた可愛らしい衣装に身を包んだ小林が、恥ずかしそうな様子を見せながら、キュートなポーズと「可愛い顔して?」とのセリフで可愛らしい上目遣いを披露。魔法少女になりきった小林幸子は必見!

 対照的にCM冒頭では、お馴染みの火の鳥の衣装に身を包んだボスキャラとして降臨。更に、今回のためにニコニコ動画などで人気のビートまりおがアレンジディレクターとなり制作した『ゴシックは魔法乙女』のイメージソングを小林が歌い上げており、力強い歌声が迫力のあるラスボス感を更に際立たせるなど、堂に入った姿とのギャップも見どころだ。

小林幸子、初のゴスロリで魔法少女姿に「すごい恥ずかしい」!キュートなポーズと上目遣いで「可愛い顔して?」のセリフを

 “ゴスロリ”の衣装に着替えた小林は、「恥ずかしい」と照れながら登場。白いレースやリボンのついた黒いワンピースに身を包んだキュートな小林の姿に、スタジオにいたスタッフから「可愛い」という声が飛び交う。カメラに向かって「可愛い顔して?」と上目遣いで懇願する幸子さんの可愛らしい表情に、スタジオにいたスタッフもつい顔がほころんでいました。撮影の合間にカメラマンさんと雑談をしたり、途中冗談を挟んだりと楽しそうに撮影に臨んでいたという。

 撮影が終わって「ゴスロリ」姿の感想を聞かれた小林は、「私今までに、衣装は色々とやらせていただいてきて、恥ずかしいなんてことはなかったんですが、今回ばかりは恥ずかしいんです。だって、私の子供たち位の年齢のスタッフたちに『幸子さんかわいいー!』って言われて、『ほんとですかー?』ってすごい恥ずかしいです」と、照れまくり。

 次はどんなコスプレに挑戦してみたいか。また、最近気になっているコスプレはあるか聞くと、「いやー、もうこれ以上のものはないと思います。黒いマニュキアも初めてなんです。デビューです。おもしろいもので、衣装って不思議だなって思うんですけれども、こういうコスチュームを着るとなんだか自分が、だんだんその気になって、最後はほとんど私ごまおつです」と、ノリノリだった。

 また、現実世界で小林が魔法を使えるとしたらどんなことがしたいか聞くと、「そうですねー。このまんま♪15歳のまんま(幸子さんの設定)、ずっといつまでも小林幸子15歳のままでいれたらいいなと思っています」と、茶目っ気たっぷりに答えていた。

小林幸子、初のゴスロリで魔法少女姿に「すごい恥ずかしい」!キュートなポーズと上目遣いで「可愛い顔して?」のセリフを

 ■『ゴシックは魔法乙女~さっさと契約しなさい!~』について
 王道縦シューティングに美少女キャラ育成要素を組み合わせた、爽快・本格“ド”シューティングゲーム。プレイヤーは乙女たちと契約を交わし、平和な世界を取り戻すために、悪魔退治へ繰り出す。
 指一本で爽快感バツグンの本格シューティングがプレイ。美少女使い魔とコミュニケーションをとったり、育成を楽しむこともできる。数百を超える美少女使い魔にはフルボイスストーリがあり、幅広く楽しめるゲームだ。美少女使い魔を育成して、No.1シューターを目指そう!「ゴ魔乙(ごまおつ)」で検索

 ジャンル:シューティング
 対応OS:[App Store]iOS 6.0 以降(iPod touchには対応していません)
 [Google Play]Android 4.1以上
 ※SIMフリー端末はサポート対象外となります。
 料金体系:基本プレイ無料(アイテム課金制)
 公式サイト:https://gomaotsu.jp/

 

小林幸子、初のゴスロリで魔法少女姿に「すごい恥ずかしい」!キュートなポーズと上目遣いで「可愛い顔して?」のセリフを

小林幸子、初のゴスロリで魔法少女姿に「すごい恥ずかしい」!キュートなポーズと上目遣いで「可愛い顔して?」のセリフを


小林幸子、初のゴスロリで魔法少女姿に「すごい恥ずかしい」!キュートなポーズと上目遣いで「可愛い顔して?」のセリフを

小林幸子、初のゴスロリで魔法少女姿に「すごい恥ずかしい」!キュートなポーズと上目遣いで「可愛い顔して?」のセリフを