Archives

NTTドコモが「SNOW」とタイアップで「卒“盛ル”」キャンペーン!?りこぴん&本田響矢が動画で初共演

NTTドコモが「SNOW」とタイアップで「卒“盛ル”」キャンペーン!?りこぴん&本田響矢が動画で初共演>

 卒業まであとわずか!卒業に欠かせないのが、卒業証書と卒業アルバム!特に“卒アル”は、3年間の学生生活の思い出がたくさん切り撮られていて、そのシーンから思い出がいろいろとよみがえる!

 動画でも、突然、おじさんカメラマンがやってきて、「卒業アルバム用の写真撮るよー」に、「えー、聞いてなーい」と、不満の声。テンション低く、ちょいブスな顔やムリクリな笑顔で写ってしまう女の子たち。

 合唱コンクールの練習風景、部活(体育祭?)でのワンシーンなど、青春の1ページが次々と撮られていく。そして、最後は、一人一人記念写真をパチリ!結果は、証明写真同様に堅苦しくてどこか「イケてない」「かわいくない」ものに。昔ならばいざしらず、今やスマホ片手に自撮りの達人ばかり!「できれば撮りなおしたーい」と、不満爆発!

 「(正式なものだから)しょうがないんだけどさぁー、最後ぐらい盛らせろー」と、動画でも絶叫しているように、ドコモは「STOP黒歴史!」として、若者に大人気の動画コミュニケーションアプリ「SNOW」とタイアップ。卒業シーズン盛り上げプロジェクトと題し、「NTTドコモ×SNOW presents 卒業“盛ルバム”」のキャンペーンを実施中。

 また、1月30日(月)からNTTドコモ公式YouTubeチャンネルで「卒業“盛ルバム”」プロモーション動画を公開。日本一かわいい女子高生“りこぴん”永井理子と、日本一イケメン高校生・本田響矢が初共演。黒歴史となりがちな“卒業アルバム撮影のあるあるエピソード”に触れながら「SNOW」で叶える“盛れる”卒業アルバムの楽しさを伝えている。

 永井理子は、全国から64万人の応募があった「女子高生ミスコン2015-2016のグランプリ。その直後、テラスハウスの住人になり一躍有名になった。本田響矢は、男子高生ミスターコン2016のグランプリ。雑誌『Popteen』や『SamuraiELO』でモデルとして活躍中。福井県出身の日本一のイケメン男子高生。

 キャンペーン第1弾として、1月30日より、この春卒業を迎える高校生を対象に、SNOWで撮影した写真を製本して「卒業“盛ルバム”」としてプレゼントするキャンペーンを実施します。実際に学生達がSNOWを活用して写真を撮影し、卒業アルバムとして製本された形で当選校へ届ける。

 【キャンペーン第1弾概要】
 ■応募受付期間:2017年1月30日(月)~2月7日(火)
 ■応募対象学校:日本国内の高等学校、中等教育学校、高等専門学校
 ■当選校数:応募校の中から1校が当選
 ■当選校の発表:当選後、学校に連絡(学校の許可が取れた後、正式に当選となります)
 ■贈呈時期:3月の卒業式前後
 特設サイトURL:https://molbum-docomo.co.jp

 

NTTドコモが「SNOW」とタイアップで「卒“盛ル”」キャンペーン!?りこぴん&本田響矢が動画で初共演


NTTドコモが「SNOW」とタイアップで「卒“盛ル”」キャンペーン!?りこぴん&本田響矢が動画で初共演


NTTドコモが「SNOW」とタイアップで「卒“盛ル”」キャンペーン!?りこぴん&本田響矢が動画で初共演


NTTドコモが「SNOW」とタイアップで「卒“盛ル”」キャンペーン!?りこぴん&本田響矢が動画で初共演


NTTドコモが「SNOW」とタイアップで「卒“盛ル”」キャンペーン!?りこぴん&本田響矢が動画で初共演


NTTドコモが「SNOW」とタイアップで「卒“盛ル”」キャンペーン!?りこぴん&本田響矢が動画で初共演


NTTドコモが「SNOW」とタイアップで「卒“盛ル”」キャンペーン!?りこぴん&本田響矢が動画で初共演


NTTドコモが「SNOW」とタイアップで「卒“盛ル”」キャンペーン!?りこぴん&本田響矢が動画で初共演

NTTドコモが「SNOW」とタイアップで「卒“盛ル”」キャンペーン!?りこぴん&本田響矢が動画で初共演


NTTドコモが「SNOW」とタイアップで「卒“盛ル”」キャンペーン!?りこぴん&本田響矢が動画で初共演


受験生に大人気!YOKOMAHAゴムが作ったタイヤの溝パターンを再現した「滑らない消しゴム」

受験生に大人気!YOKOMAHAゴムが作ったタイヤの溝パターンを再現した「滑らない消しゴム」

センター試験も終わり、2月に入って中学受験、高校受験、大学受験と本格的な受験シーズンの到来。受験生たちにとっては、自分の人生を左右しかねない正念場の1ヶ月を迎える。

 「サクラサク」の合格通知を手にするため、不断の努力はもちろん、ここまでくれば神頼みにNGワードの徹底、ゲン担ぎ・・・と、今も昔もすがれるものはなんにでもすがってきた。

 試験前日は「カツを食べる」、イカは「アタリメ」を食べる、雪道には気を付けるなどは定番で、いまやタコの置物(オクトパス=置くとパス)、五角形のグッズ(=ごかっけい→ごかく→合格)、銚子から本銚子に向かう切符で、「調子から本調子に行く」。バージョンアップしたものとして、本銚子から上り銚子行きで「上り調子でうまくいく」、銚子行き往復切符には「本調子に戻る」という意味が込められたダジャレグッズ。さらに、受験商法と言われる、受験シーズンになると売り出される願掛けのお菓子を食べるなどなど・・・。

 そして、SNSで超最新の願掛けグッズとして話題になっているのが、YOKOMAHAゴムの「滑らない消しゴム」。2015年8月8日にYOKOMAHAゴムがツイッターで、「就職活動中の皆さん、大学、高校受験を控えた受験生の皆さんへオススメ! ハイグリップタイヤ=滑りにくい、と評判の消しゴムです! SUPER GT第4戦が行われている富士スピードウェイ、YOKOHAMAブースで絶賛販売中です!」と、投稿したことをきっかけに一躍大人気となった。

 なぜ、「滑らない消しゴム」なのかといえば、ADVAN NEOVAは走り屋やスポーツ走行マニア、サーキットでのタイムアタックなどで数々の実績を残してきたYOKOHAMA最強のスポーツタイヤ!サーキットでのタイムを削る為と言っても良いくらいの性能を有しているタイヤで、ハンパないグリップ力を備えている。そんなタイヤのパターンを模した消しゴムなのだ。

 「強烈なグリップ力=滑らない!」ということから、受験生にとっては、落としてはならないテストに何としても受かるように(滑らないように)といった験担ぎや、縁起物なのだ。

 

受験生に大人気!YOKOMAHAゴムが作ったタイヤの溝パターンを再現した「滑らない消しゴム」


ももクロ百田夏菜子「2016エイボン女性年度賞」授賞式に登場!バレンタインは“旦那さん”にあげる?

ももクロ百田夏菜子「2016エイボン女性年度賞」授賞式に登場!バレンタインは“旦那さん”にあげる?

「2016エイボン女性年度賞」授賞式が開催!

 “ももクロ”こと人気アイドルグループ『ももいろクローバーZ』の百田夏菜子(22)が31日、都内ホテルで『2016エイボン女性年度賞』授賞式に登場した。

 エイボン・プロダクツ株式会社が「社会のために有意義な活動を続け、人々に勇気や希望を与える女性たちの活動を後押ししたい」という願い (さらに…)

アットホーム オリジナル動画コンテンツ「明日への扉~日本の伝統・文化を継承する若者たち~」サイトをリニューアル

明日への扉サイトトップ画面e

2009年5月より「明日への扉~日本の伝統・文化を継承する若者たち~」と題したドキュメンタリー番組を制作・公開してきた不動産情報サービス「アットホーム」。

1月20日(金)より公開先のウェブサイト(http://www.athome-tobira.jp)をリニューアルした。

アットホームでは、貴重な日本の伝統・文化を守り、次代へとつないでいくために日々研さんする若者たちの姿を広く世の中に伝えることで、彼らへの応援とともに、日本の精神的・文化的財産である「技」「芸」の保存と振興に寄与することを目的に、社会貢献活動の一環として、この活動に取り組んでいる。

これまでに89タイトルが配信されているが、今後もさまざまな伝統・文化と多くの若者たちの支援に努めていくという。

なお、同動画は、ディスカバリーチャンネル(CS放送)で毎週金曜日 22:53~23:00にミニ番組として放送されており、数回でひとつのシリーズとなっている。サイトに上がっている動画は、それをまとめたもので、20分~25分ほど。

また、世界に誇る日本の伝統・文化を受け継ぐ若者たちの姿を、内外を問わず広く知ってもらうことが、日本の文化・芸術支援につながるとの思いから、同動画はANA(全日空)国際線の機内放送「SKY CHANNEL」内のプログラムの一つとして放送されている。

<公開メディア>
◆テレビ放映 ディスカバリーチャンネル(CS 放送) 毎週金曜日 22:53~23:00
「アットホーム Presents 明日への扉~日本の伝統・文化を継承する若者たち~」
◆ANA 国際線 機内放送「SKY CHANNEL」
◆ウェブ配信 http://www.athome-tobira.jp
※「明日への扉」についてのお問い合わせは、toiawase@athome-tobira.jp へ

 


オリラジ藤森慎吾「長野県諏訪エリア」キャンペーンイベントでチャラ男本領発揮!紅白歌合戦出演へは地元も大反響

オリラジ藤森慎吾「長野県諏訪エリア」キャンペーンイベントでチャラ男本領発揮!紅白歌合戦出演へは地元も大反響

オリラジ藤森慎吾「長野県諏訪エリア」キャンペーンイベントに登場し地元をアピールした

 お笑いコンビ『オリエンタルラジオ』の藤森慎吾(33)が23日、都内で『長野県諏訪エリア・平成29年度キャンペーン』に登場した。

 長野県諏訪エリアの6つの市町村(岡谷市、諏訪市、茅野市、下諏訪町、富士見町、原村)が (さらに…)

坂本龍馬 「暗殺される5日前に書いた手紙」を京都国立博物館・宮川禎一上席研究員が解説

【全文&現代語風読み掲載】坂本龍馬 暗殺5日前の手紙が新発見!「新国家」の文字と新政府の人事に関して

新発見の手紙を初公開!

幕末の志士・坂本龍馬が暗殺される5日前に書いたと見られる手紙が新たに見つかったと1月13日、都内で行われた「志国高知 幕末維新白」開幕事前記者発表会で、高知県が発表した。

文中には、今まで発見された龍馬の手紙で初めて「新国家」という言葉が使われているほか、新政府を支える人材の人事に尽力していたことを示すものとなっている。坂本龍馬の研究を行っている京都国立博物館の宮川禎一上席研究員は、「坂本龍馬の活動を示すものとして貴重であり、最後まで新政府樹立(新国家の建設)に専心していた様子をよく示すものである」と、その価値の重要性を説く。

この手紙は、大政奉還と明治維新から150年を記念して高知県が開催する歴史博覧会「志国高知・幕末維新博」のため、全国の史料を調査する中で発見された。

【全文&現代語風読み掲載】坂本龍馬 暗殺5日前の手紙が新発見!「新国家」の文字と新政府の人事に関して

縦16センチ、横93センチほどの細長い和紙に毛筆で字が記された新発見の手紙の全文と現代語風訳。読みは、佛教大学非常勤講師・高田祐介氏による。

全文            現代語風

一筆啓上仕候        一筆啓上差し上げる
此度越前老候        このたび越前の老候(松平春嶽候)が
御上京相被成候段      御上京なられたことは
千万の兵を得たる      千万の兵を得たような
心中に御座候、       心持でございます。
先生ニも諸事        先生(中根雪江)にも諸事
御尽力御察申上候      ご尽力くださったこととお察し申し上げます。
然るに先頃御直ニ      しかしながら先頃直接
申上置キ三岡        申し上げておきました三岡
八郎兄の御上京       八郎兄の御上京、
御出仕の一件ハ急を     御出仕の一件は急を
用する事に存候得ハ     要する事と思っておりますので、
何卒早々御裁可       何卒早々に(越前藩の)御裁可
あるべく奉願候、三岡    が下りますよう願い奉ります。三岡
兄の御上京が一日      兄の御上京が一日
先に相成り候得ハ      先になったならば
新国家の御家        新国家の御家計(財政)の
計御成立が一日先に     御成立が一日先に
相成候と奉存候、      なってしまうと考えられます。
唯此所一向ニ御尽力     唯、ここの所にひたすらご尽力
奉願候           をお願いいたします。
誠恐謹言            (まことに恐れながら謹んで言います)

十一月十日   龍馬

中根先生          中根先生
左右            左右

追白 今日永井玄藩     追白 今日永井玄藩
頭方ニ罷出候得とも     頭(永井尚志)方へ訪ねていったのですが
御面会相不叶候、      御面会は叶いませんでした。
談したき天下の       (永井殿と)談じたい天下の
議論数々在之候ニテ     議論が数々在りますので
明日又罷出候所存ニ     明日また訪ねたいと考えている
御座候得ハ           ところですので
大兄御同行相叶候ハゝ    大兄も御同行が叶いますならば
実二大幸の事ニ奉存候    実に大幸に存じます。
再拝             再拝

(封紙)

越前御藩邸
中根雪江様  才谷楳太郎
御直披

(封紙に朱書付箋あり)
坂本先生遭難直前之
 書状に而他見ヲ憚ルモノ也

【全文&現代語風読み掲載】坂本龍馬 暗殺5日前の手紙が新発見!「新国家」の文字と新政府の人事に関して

京都国立博物館の宮川禎一上席研究員

【京都国立博物館 学芸部 上席研究員 宮川禎一 手紙のポイント】
1.今回の書状真筆と鑑定したポイント
・書状の内容が、龍馬の前後の活動に照らし合わせて整合性が認められる。
・書状の文字が、これまでの龍馬直筆の書状と照らし合わせた結果、龍馬のものと判断できる。(※編注:特に「越行の記」から、この文脈を書けるのは間違いなく龍馬である。)
・筆跡・内容ともに疑わしい要素は全くない。
・佛教大学 青山忠正教授、福井市立郷土歴史博物館 角鹿尚計館長、高知県立坂本龍馬記念館 三浦夏樹学芸員など複数の歴史研究者が実物と写真を見ているが、全員そろって真筆と認めている(異論はない)。

2.書状に関する基本情報
・書状は折り畳まれて、封紙に入った形で見つかった。オリジナルの(ウブな)まま。
・封紙に「坂本先生遭難直前之 書状に而他見ヲ憚ルモノ也」の朱書付箋あり、この付箋をいつだれが書いたのかは不明・要見当。
・封紙の名は「才谷楳太郎」。書状内は「龍馬」。(※編注:龍馬は、「梅」に「楳」の字を使っていた)
・龍馬は京都を10月24日に発って福井に向かった。28日に福井到着。福井で三岡八郎と長時間話をしたあと、11月3日に福井を発ち、5日に京都へ戻ってきたところ。(その直後に三岡を新政府に推薦する「越行の記」を京都で書いた)
・松平春嶽は11月2日に福井を発ち、11月8日に京都に到着。中根雪江は遅れて11月5日に福井を出立、8日頃入京か。
・内容は上京したばかりの中根雪江に「春嶽候の上京に中根が尽力してくれたお礼を述べるとともに越前藩士三岡八郎の新政府出仕について重ねて懇願するもの」。
・内容は3年前に出現して話題となった「越行の記」の続きとすることができる。
・「越行の記」とこの新出書簡をみると龍馬はすでに福井で中根雪江に会っていたはず。
・新国家の建設に財政担当者として三岡八郎が適任なので越前藩内の手続きを進めて、ぜひ出してほしいと強調している。
「新国家」という言葉がつかわれていることがとても重要。龍馬の他の手紙では見たことがない。 用語用法の成立についての検証は必要だが、その概念は素直に「新国家」としてもよさそう。
・「三岡兄の上京が一日遅れれば、新国家の御家計(財政)の成立は一日遅れる」、との表現が面白い。
・龍馬は11月はじめに福井で会った中根雪江に三岡八郎の新政府出仕を直接申し込んだらしいが、その際の中根の返事ははかばかしくなかったことを推察させる。なので、上京直後の中根に再度、三岡の上京を越前藩として許可するようにこの手紙で頼んでいる。(中根に手紙を出すことは春嶽に出すのと同じ意味であろう)
・文末に近いところで、明日(11月11日)に幕臣永井玄蕃(永井尚志)に面会する予定たせという話は、龍馬の次の日の林謙三宛ての手紙に「永井に面会した」と書いてあるので、時間的にもきちんと符合する。
・この書簡が150年も出てこなかった理由は、封紙に付箋があり、そこに朱書で「坂本龍馬先生遭難直前の書状にて他見を憚るものなり」とあるからであろう。明治時代のいつかの段階でこの手紙は人に見せてはいけない、との判断がなされていた(誰がいつ付箋にそう書いたかは不明・要検討)
・三岡八郎の京都到着はこの1ヶ月も先の12月半ばのことであり、この間のタイムラグには様々な理由があったと思われるが、越前藩内に三岡八郎の新政府出仕に反対するもの(中根も含まれるか)の存在が推察されるために「他見を憚る」可能性が考えられる。(特に三岡八郎に知られるのは良くないはず)
・越前藩の松平春嶽の上京は土佐藩の山内容堂・後藤象二郎や龍馬らの推進する大政奉還建白書に基づく公議政体論推進派には大きな追い風になったため「千万の兵を得た心持ち」と書いたのであろう。

【全文&現代語風読み掲載】坂本龍馬 暗殺5日前の手紙が新発見!「新国家」の文字と新政府の人事に関して

「新国家」の文字が!

3.今回の書状における歴史的価値
・三岡八郎を高く評価し、新政府に出仕させるため粘り強く根回しをしていたことがわかる手紙。
・龍馬は死の直前まで「新国家」の建設、とくに財政問題の解決に邁進していたことをよく示している(もちろん龍馬に死ぬつもりは全くないが、日々、身の危険は感じていたはず)。
・龍馬と越前藩とのかかわりに関する研究が一層進展するはず。
・また、越前藩重役で松平春嶽側近の「中根雪江」という人物の歴史的役割がより明らかになってくるはず。
・今後の幕末史研究・坂本龍馬研究の進展が期待できる重要な資料。

5.これまで発見された他の坂本龍馬の書状・資料との違い
・全くのウブな状態で発見されたこと(書状の多くは保存のため巻子や軸装されている)
・龍馬の越前福井行きの目的がはっきりと書かれていること。
・「越行の記」では京都帰着後に三岡八郎を新政府に推薦しているが、新政府からの召状だけでは動かないとみて、改めて越前藩重役の中根に藩内手続きを懇願する内容。龍馬の目的とそれを達成しようとする行動力の大きさが改めてわかる。
・「越行の記」の文末には「追日、中根雪江は越老候の御供、村田巳三郎ハ国にのこる、家老ハ可なりのもの出るとのこと、再拝々」とあり、福井で中根に会ったことを推察させるとともに今回の書簡では「然るに先頃御直ニ申上置キ三岡八郎兄の御上京出仕の一件ハ~」とあることからも龍馬は福井で三岡八郎と丸一日話し合ったふと、中根雪江に面会して三岡八郎の京都出仕を懇願したらしいことが分かる。すなわちこの手紙は「越行の記」の続きであり、並べると意味がより一層よくわかる(ちなみに「越行の記」は2月5日まで長崎市歴史文化博物館の「没後150年 坂本龍馬」で展示中)。

【全文&現代語風読み掲載】坂本龍馬 暗殺5日前の手紙が新発見!「新国家」の文字と新政府の人事に関して

坂本龍馬

【京都国立博物館 学芸部 上席研究員 宮川禎一 解説】

慶応三年十月十四日の徳川慶喜による朝廷への大政奉還を受けて、坂本龍馬や後藤象二郎、海援隊関係者らは朝廷中心の新政府樹立に向けた活動を活発におこなっていた。坂本龍馬は新政府になんら財源がないことを憂いて、旧知の越前藩士三岡八郎を新政府の財政担当者として出仕させるために、十月末から十一月初旬に福井を訪ねて、藩の罰で幽閉中の三岡八郎に面会し、新政府の財政のあり方を詳しく聞いた。このことは近年発見された「越行の記」に詳しい。

この新出の書簡は京都の越前藩邸に居る越前藩重役の中根雪江(ゆきえ・せっこう)にあてた龍馬直筆のもので封紙まで当時のまま残っているところも貴重である。日付は慶応三年「十一月十日」である。(越前藩前藩主の松平春嶽は十一月二日に福井を出立し、十一月八日に京都到着で、中根も同時期に上京した。龍馬の方は十一月三日に福井を発ち五日に京都到着)この手紙は近江屋で龍馬が暗殺される五日前に書かれたものである。内容は越前藩重役の中根雪江に春嶽候上京に関して尽力したことへのお礼と三岡八郎の新政府への出仕を一日でも早くするようにとの懇願である。

徳川親藩である越前藩の松平春嶽が朝廷の召しに応じて大政奉還後の京都に入ったことは公議政体論派からは歓迎すべきことであり、龍馬が「千万の兵を得た心持」とかくことはうなずける。その春嶽上京に関して中根雪江が「ご尽力」したことに龍馬は感謝を述べている。
(※宮川氏の補足解説:10月の「大政奉還」から12月9日の「王政復古の大号令・小御所会議」までの間、朝廷から全国の諸藩に「大名は京都に集合せよ」という呼びかけに対して、“まだどうなるかわからない、混沌とした京都に行っていいのか悪いのか”と、諸藩は日和見をしていた状況。春嶽候は行く気持ちがあったが、重役たちはまだ行かないほうがいいと、福井藩の中でも割れていた。そんな中、春嶽公の上京の話をまとめたのが、中根雪江。新政府側にとって諸藩の支持が得られるかどうかは大きな問題だった。そんな中、世間から見ても“幕末の四賢侯” の一人といわれる名君の誉れ高い、あの春嶽公が京都に行くということは、(新政府への)支持の現れなので、(新政府側にとっては非常に)ありがたいこと)

その一方、龍馬が福井で三岡に面会後、中根雪江にも面会し、三岡八郎の新政府出仕を直接懇願したのだが、どうやら色よい返事はもらえなかったらしい。そこで上京してきた中根に改めて「先頃直接申し上げておきました三岡八郎兄の御上京、御出仕の一件」を重ねて懇願しその「御尽力」を要請している。

「越行の記」にあるように龍馬は十一月五日の帰郷後、新政府上層部に三岡八郎を新政府に出仕させるように強く推薦していた。その結果、岩倉具視ら新政府首脳から越前藩へ出仕を求める連絡(最初は十一月六日に召状が出ている)が何度も出るのであるが、藩内の事情のためかなかなかその話は進まなかった(三岡は文久三年以来藩の罪人として長期幽閉中であった)。実際に三岡が京都に来たのはこの一月あまり後の十二月半ばのことになった(龍馬の死後のこと)。このタイムラグの存在が越前藩の内部事情(三岡を出すことに反対する勢力[中根を含む]も大きかったらしいそれで出仕の命令が三岡に伝わるのがかなり遅れた)を推察させるために後日誰かが「他見を憚るものなり」と朱書付箋をつけたものと考えられる。それが百五十年もの間この手紙が世に出なかった要因であろう。

手紙文中に「新国家」という単語が出てくるのがまことに重要である。坂本龍馬の活動を示すものとして貴重であり、最後まで新政府樹立(新国家の建設)に専心していた様子をよく示すもの(もちろん龍馬は殺されるなどとは思っていなかったが)である。

追白の部分に『永井玄蕃頭』の前が出てくるが、幕府内では開明派であり大政奉還を推進していたこの永井尚志に「明日」面会する話は、慶応三年十一月十一日の林謙三宛龍馬書簡に「今朝、永井玄蕃方へ参り、いろいろと議論いたしました」という文面に符合するものである。また中根と永井は旧知の間であるので、それを知っていた龍馬が中根を永井の屋敷に訪ねる際に同行を求めたのであろう。

龍馬の新出書簡として歴史的価値がきわめて高いものといえる。この書簡に関しては今後も研究の進展が期待される。

 

【全文&現代語風読み掲載】坂本龍馬 暗殺5日前の手紙が新発見!「新国家」の文字と新政府の人事に関して

「越行の記」


【全文&現代語風読み掲載】坂本龍馬 暗殺5日前の手紙が新発見!「新国家」の文字と新政府の人事に関して

【全文&現代語風読み掲載】坂本龍馬 暗殺5日前の手紙が新発見!「新国家」の文字と新政府の人事に関して

坂本龍馬

幕末の志士・坂本龍馬が暗殺される5日前に書いたと見られる手紙が新たに見つかったと1月13日、都内で行われた「志国高知 幕末維新白」開幕事前記者発表会で、高知県が発表した。

文中には、今まで発見された龍馬の手紙で初めて「新国家」という言葉が使われているほか、新政府を支える人材の人事に尽力していたことを示すものとなっている。坂本龍馬の研究を行っている京都国立博物館の宮川禎一上席研究員は、「坂本龍馬の活動を示すものとして貴重であり、最後まで新政府樹立(新国家の建設)に専心していた様子をよく示すものである」と、その価値の重要性を説く。

この手紙は、高知県が開催する歴史博覧会「志国高知・幕末維新博」のため、全国の史料を調査する中で発見されたもので、宮川上席研究員らが鑑定。筆跡や内容(特に、3年前に発見されて話題となった「越行の記」の続きとすることができるなど)から「龍馬の直筆で間違いない」と、判断した。

龍馬が暗殺される5日前の慶応3(1867)年11月10日に福井藩の重臣・中根雪江に宛てて書かれたもの。

【全文&現代語風読み掲載】坂本龍馬 暗殺5日前の手紙が新発見!「新国家」の文字と新政府の人事に関して

内容は、約1ヶ月前に将軍・徳川慶喜が大政奉還したことを受け、新政府の財政担当に福井藩士の三岡八郎が適任だと考えていた龍馬は、三岡が京都に来て仕事ができるよう福井藩内での手続きを依頼するとともに、三岡が来るのが1日遅れれば、その分、「新国家」の財政の成立が遅れてしまうと、その重要性を訴えている。

手紙に登場する福井藩士・三岡八郎は藩の財政再建に尽力した人物で、のちに由利公正と名前を改め、「五箇条の御誓文」の起草に関わったほか、明治新政府で初期のころ金融や財政に携わった人物。このことからも、龍馬の人を見る目の正しさを示すエピソード。

なぜ、150年経った今まで発見されなかったのかについて、宮川上席研究員は、手紙が包まれていた封紙の上に朱書きの付箋がついており、そこに、「坂本先生の遭難直前の書状で、他見をはばかる」という文が書かれていたことを踏まえ、「付箋があったことから厳重に隠され、これまで出回らなかったのではないか」と、述べた。

また、同記者発表会には、坂本龍馬の長兄のご子孫の郷士坂本家十代目当主・坂本匡弘さん、越前福井藩藩士・三岡八郎(後、由利公正)のご子孫の三岡慶胤さん、越前福井藩家老・中根雪江のご子孫の中根勝行さん、福井藩主・松平春嶽公ご子孫の越前松平家第二十代当主・松平宗紀さん、と、今回発見された書状に関連する人たちの子孫も出席した。

【全文&現代語風読み掲載】坂本龍馬 暗殺5日前の手紙が新発見!「新国家」の文字と新政府の人事に関して

龍馬の兄の子孫である坂本匡弘さんは、「今年は大政奉還150年、龍馬の没後150年という節目の年に新たな書状が見つかった。これは偶然ではなく龍馬が導いてくれたのではないかと思っております。150年の時を経て、ご子孫の方々と一堂に会することができたことも龍馬のおかげだと、感謝しています」と、感想を述べた。

縦16センチ、横93センチほどの細長い和紙に毛筆で字が記された新発見の手紙の全文と現代語風訳。読みは、佛教大学非常勤講師・高田祐介氏による。

全文            現代語風

一筆啓上仕候        一筆啓上差し上げる
此度越前老候        このたび越前の老候(松平春嶽候)が
御上京相被成候段      御上京なられたことは
千万の兵を得たる      千万の兵を得たような
心中に御座候、       心持でございます。
先生ニも諸事        先生(中根雪江)にも諸事
御尽力御察申上候      ご尽力くださったこととお察し申し上げます。
然るに先頃御直ニ      しかしながら先頃直接
申上置キ三岡        申し上げておきました三岡
八郎兄の御上京       八郎兄の御上京、
御出仕の一件ハ急を     御出仕の一件は急を
用する事に存候得ハ     要する事と思っておりますので、
何卒早々御裁可       何卒早々に(越前藩の)御裁可
あるべく奉願候、三岡    が下りますよう願い奉ります。三岡
兄の御上京が一日      兄の御上京が一日
先に相成り候得ハ      先になったならば
新国家の御家        新国家の御家計(財政)の
計御成立が一日先に     御成立が一日先に
相成候と奉存候、      なってしまうと考えられます。
唯此所一向ニ御尽力     唯、ここの所にひたすらご尽力
奉願候           をお願いいたします。
誠恐謹言

十一月十日   龍馬

中根先生          中根先生
左右            左右

追白 今日永井玄藩     追白 今日永井玄藩
頭方ニ罷出候得とも     頭(永井尚志)方へ訪ねていったのですが
御面会相不叶候、      御面会は叶いませんでした。
談したき天下の       (永井殿と)談じたい天下の
議論数々在之候ニテ     議論が数々在りますので
明日又罷出候所存ニ     明日また訪ねたいと考えている
御座候得ハ           ところですので
大兄御同行相叶候ハゝ    大兄も御同行が叶いますならば
実二大幸の事ニ奉存候    実に大幸に存じます。
再拝             再拝

(封紙)

越前御藩邸
中根雪江様  才谷楳太郎
御直披

(封紙に朱書付箋あり)
坂本先生遭難直前之
 書状に而他見ヲ憚ルモノ也

今回、新たに発見された手紙は、高知市に新たにオープンする県立高知城歴史博物館で3月4日から5月7日まで公開される予定。

 

【全文&現代語風読み掲載】坂本龍馬 暗殺5日前の手紙が新発見!「新国家」の文字と新政府の人事に関して


【全文&現代語風読み掲載】坂本龍馬 暗殺5日前の手紙が新発見!「新国家」の文字と新政府の人事に関して


【全文&現代語風読み掲載】坂本龍馬 暗殺5日前の手紙が新発見!「新国家」の文字と新政府の人事に関して


【全文&現代語風読み掲載】坂本龍馬 暗殺5日前の手紙が新発見!「新国家」の文字と新政府の人事に関して

「新国家」の文字が!


【全文&現代語風読み掲載】坂本龍馬 暗殺5日前の手紙が新発見!「新国家」の文字と新政府の人事に関して

「越行の記」


【全文&現代語風読み掲載】坂本龍馬 暗殺5日前の手紙が新発見!「新国家」の文字と新政府の人事に関して

高知県 尾崎正直知事

【全文&現代語風読み掲載】坂本龍馬 暗殺5日前の手紙が新発見!「新国家」の文字と新政府の人事に関して

京都国立博物館の宮川禎一上席研究員


【全文&現代語風読み掲載】坂本龍馬 暗殺5日前の手紙が新発見!「新国家」の文字と新政府の人事に関して

福井藩主・松平春嶽公ご子孫の越前松平家第二十代当主・松平宗紀さん

【全文&現代語風読み掲載】坂本龍馬 暗殺5日前の手紙が新発見!「新国家」の文字と新政府の人事に関して

越前福井藩家老・中根雪江のご子孫の中根勝行さん


【全文&現代語風読み掲載】坂本龍馬 暗殺5日前の手紙が新発見!「新国家」の文字と新政府の人事に関して

越前福井藩藩士・三岡八郎(後、由利公正)のご子孫の三岡慶胤さん

【全文&現代語風読み掲載】坂本龍馬 暗殺5日前の手紙が新発見!「新国家」の文字と新政府の人事に関して

坂本龍馬の長兄のご子孫の郷士坂本家十代目当主・坂本匡弘さん


毎年恒例、『第61回 グランプリ有馬記念』の渋谷駅イベントが開催!光る馬と直径2.8メートルのドーム

毎年恒例、『第61回 グランプリ有馬記念』の渋谷駅イベントが開催!光る馬と直径2.8メートルのドーム

 競馬ファンにとって年末の最大イベントといえば『有馬記念』(東京・中山、GI、芝2500メートル)。ファン投票によって出走馬が決まるいわば、「競馬のオールスターゲーム」だけに、競馬ファンの“夢”を乗せたレースといえる。

 今年は12月25日(日)のクリスマス開催とあって、例年以上に“サンタクロース”からのビッグプレゼントに胸が膨らむ。

 この今年最後のレースを盛り上げるべく、毎年恒例となった渋谷駅(東急百貨店東横店西館2F連絡通路付近)構内でのイベントがスタート!今年は、きらびやかな馬像イルミネーションと、直径2.8メートルの巨大なクリスマス装飾ドームの中に入って写真が撮れるフォトジェニックなスポットに。

 LED内照式の馬像は白くキラキラ輝き、等身大サイズ。いつものように、馬に乗って騎手気分を味わいながら写真を撮ることもできる。また、ドームの中には、クリスマスツリーやプレゼントが入れられていて、クリスマスムードたっぷりの写真を撮れる。

 巨大なドームは、オープン直後から渋谷駅を行きかう人々の目をひき、写真撮影する人が続出。特に、通りがかった子供たちは、ドームが気になる様子で、動こうとしないなど、多くの人が立ち止まり、注目を集めた。

 誰でも無料で体験することができるうえ、かわいいサンタクロースのお姉さんたちがお出迎えし、写真を撮ってくれるので、ご家族、カップル、友達同士はもちろん、“お一人様”な男性、女性も心配ない!想いでの一枚を渋谷で撮って、馬券で夢を買ってみてはいかがでしょうか。

 そして、有馬記念の行われる中山競馬場では、国内最大級となる高さ20メートルのヒマラヤ杉の天然のツリーがあり、スタンド壁面をキャンバスに見立てた3Dプロジェクションマッピングも開催されている。

毎年恒例、『第61回 グランプリ有馬記念』の渋谷駅イベントが開催!光る馬と直径2.8メートルのドーム

 【渋谷駅イベント 実施概要】
 ●実施日時:①2016年12月19日(月)~12月24日(土)12:00〜20:00
      :②2016年12月25日(日)10:00〜18:00
 ●実施場所:東急百貨店東横店西館2F連絡通路付近
 ●実施内容:有馬記念開催案内、クリスマスを表現したブース造作での展開、
       乗馬記念撮影、ドーム内記念撮影、号外配布(12/23)
 ●主 催:日本中央競馬会

 【第61回(GI)有馬記念 実施概要】
 ●実施日程: 2016年12月25日(日) 発走15:25
 ●実施場所: 中山競馬場(2,500m芝)千葉県船橋市古作1-1-1
 ●アクセス: JR西船橋駅からバスで約15分、徒歩で約30分
       JR船橋法典駅から専用地下道(ナッキーモール・動く歩道設置)で徒歩約10分
       京成、東中山駅からはバスで約10分徒歩で約20分

 

毎年恒例、『第61回 グランプリ有馬記念』の渋谷駅イベントが開催!光る馬と直径2.8メートルのドーム


毎年恒例、『第61回 グランプリ有馬記念』の渋谷駅イベントが開催!光る馬と直径2.8メートルのドーム


毎年恒例、『第61回 グランプリ有馬記念』の渋谷駅イベントが開催!光る馬と直径2.8メートルのドーム


毎年恒例、『第61回 グランプリ有馬記念』の渋谷駅イベントが開催!光る馬と直径2.8メートルのドーム


NTTドコモが正しい日本のトイレの使い方を紹介した動画が面白い!最後に思わぬ展開が!?

NTTドコモが正しい日本のトイレの使い方を紹介した動画が面白い!最後に思わぬ展開が!?

 国土交通省によると、2016年の年始から10月30日までの訪日外国人の数が初めて2000万人を突破。日本のトイレはおもてなしの心を感じると海外の人から非常に高く評価されている。

 そこで、NTTドコモが日本を訪れる外国人の方々に向けて、「How to use TOILETS in JAPAN. ~日本のトイレの使い方~」という動画を作成。これが、日本人もクスッと笑いながら、なるほどと思える動画になっている。

 まず、日本には2種類のトイレ(便座)があり、それを選ぶところから始まる。和式と様式だ。和式の場合、用をたした後の拭き方にも前からと後ろからの2種類ある。

 前からを「エレファント型」と名付け、後ろからを「馬の尻尾型」と名付けている。この動作と命名は日本人が見ても、思わず手を打って、なるほど!と思ってしまう。

 そして、「これはほんの一例で、自分に合ったスタイルを見つけておきましょう」と、注意喚起も忘れない。

NTTドコモが正しい日本のトイレの使い方を紹介した動画が面白い!最後に思わぬ展開が!?

 続いてシャワー(様式便座についているシャワーのことで、いわゆる「ウォシ●レット」のこと)の使い方!

 「様式便座で、用をたした後に使うものであって、手を洗うものではない」と、まず初めに注意喚起をし、続いて、よりていねいにお尻を洗うテクニック方法を、先ほどのように「型」として、伝授している。

 いわく、「トルネード型」「グラインド型」「フローティング型(腰を浮かす)」「相撲型」の4つ。これも、あるあるだし、中には、複合型の人もいるのでは?

 外国人旅行者のための動画とはいえ・・・なぜ、電話会社がトイレの使い方を?

 その答えは、次のシーンにあった!

 「CLEAN YOUR SMARTPHON」のタイトルが出ると、「日本のトイレはスマートフォンもきれいにする場所でもある」と説明されるが、これは日本人でも「?」だろう!

 スマホの画面は素手で長時間触り続けたことで、皮脂や手垢、雑菌が多く付着しており、その雑菌の量は抗菌処理されたトイレの便座よりも5倍以上の雑菌が付着して汚いというデータも公表されている。

 そこで、今回の動画を作成。訪日外国人に対してのdocomo流のおもてなしとして、成田空港内のトイレ計86か所にスマホの画面を綺麗にする専用ペーパー「スマホ専用トイレットペーパー」を、2016年12月16日~2017年3月15日までの期間限定で設置したことを伝える動画だ。

 「スマホン専用のトイレットペーパー」というと、一瞬何のことかわからないが、ガラケー時代に、画面(レンズ)クリーナーとして流行ったあれのことである。

 ガラケーには、アクセサリーをぶらさげる穴があったので、女の子などは小さなぬいぐるみや面白いもの、可愛いもの、きれいなものなどをジャラジャラとつけていたのを記憶していたり、実践していた人も多いハズ。

 そんな中、画面(レンズ)クリーナーも、紐付きのアクセサリーから、ペタッと貼って、何度もはがして拭けるタイプのものなどいろいろとあったが、スマホになると、画面が縦長に大きくなり、アクセサリーを通す穴もなくなってしまったことから、いつしかみなくなり、眼鏡やカメラのレンズ拭きと同じようなものになってしまった。そのため大多数の人が、画面がくもったり、脂やほこりが付着したら、手や服の袖や裾で拭いているのが現状だろう。

NTTドコモが正しい日本のトイレの使い方を紹介した動画が面白い!最後に思わぬ展開が!?

 トイレで、お尻を拭いたのと同時に、スマホの画面も拭きましょう!と、いうシャレも効いている。なかなか面白い動画だ。

 スマホのディスプレイ画面をきれいにするスマホ専用のトイレットペーパーは、適当な長さに切り、それを小さく折りたたみ、使用する。拭き終わったら速やかにトイレに流す。

 そして最後に、「これはお尻を拭くものではありません」と、注意喚起して終わる!

 なんともよくできている。

 なお、スマホの画面を拭くことで清潔にできるだけではなく、快適な旅行を楽しむためのdocomoが提供するWi-Fiサービスやトラベルガイド、翻訳サービスも案内している。

 

NTTドコモが正しい日本のトイレの使い方を紹介した動画が面白い!最後に思わぬ展開が!?


NTTドコモが正しい日本のトイレの使い方を紹介した動画が面白い!最後に思わぬ展開が!?