木村拓哉、高校生の恋愛相談に答えて福士蒼汰は女生徒を壁ドン!富士見高等学校にサプライズ登場で生徒ら熱狂

木村拓哉、高校生の恋愛相談に答えて福士蒼汰は女生徒を壁ドン!富士見高等学校にサプライズ登場で生徒ら熱狂

映画「無限の住人」イベントが開催!

 俳優・木村拓哉(44)、杉咲花(19)、福士蒼汰(23)、満島真之介(27)が25日、埼玉県立富士見高等学校で映画『無限の住人』(監督:三池崇史/配給:ワーナー・ブラザース映画)三池崇史監督特別講演にサプライズ登場し、約700人の生徒たちを熱狂させた。

 漫画家・沙村広明氏が1993年から2012年にかけ『月刊アフタヌーン』(講談社)で連載し累計750万部を突破している同名作を三池監督で実写映画化。望んでもいないのに不死身にさせられてしまった侍・万次(木村)が、ある日、死んだ妹にそっくりの凛(杉咲)と出会ったことから自らの意志で前向きに歩き始めていく姿を描くファンタジー時代劇。主人公・万次が不死身(ふじみ)であることにかけて、富士見(ふじみ)高等学校でのイベントとなった。

 開始時間になると、まずは三池監督が登壇し、自身が「子供の頃から夢がかなわない、手に入らない、バイクのレーサーになりたかったけど才能がない。それで、目の前のことに無心でやっていったと思います」と、自身の夢がなかなか叶うことのなかったこれまでを回想しつつ、「思ってもみないことが起こるんです。いろいろ教わっていると思いますが、人生が楽しいんだよと言っても信じてもらえないと思うので、みなさんに信じてもらおうと、出演者の登場です!」というと、4人が後方の扉から登場し、場内は驚きの声と歓声に沸き返ることとなった。

 木村から「富士見高等学校というふじみという一言でこの機会を頂きました。限られた時間ですがよろしくお願いします」と、呼びかける。福士に至っては一言しゃべるごとに、黄色い歓声が上がりつつ、司会から高校生に戻ったら何をしたいかへ、「僕は高校生に戻ったら留学したいと思います。大学とかもなく役者になったので高校時代しかできないことをやりたい」と、振り返ったり、満島は同じ問いに、「戻ってもしょうがないですね。だって小学生みたいですし」と、満面の笑みを浮かべていた。

 そして事前に生徒たちから寄せられた相談に答えていくコーナーへ。進路に悩む女子学生に日々を楽しんで生きていくことが将来につながるのではというアドバイスをすると、木村から女生徒に「今現在好きなことは?」と、逆質問。そこからゲームに興味があり作ることにも少し興味を持っているということを引き出し、「うちら全員応援してるんで!」と、エール。

 さらに、陸上部の部活の顧問にひとめ惚れで部活に入って、顧問がいないときにモチベーションを上げるにはどうしたらいいかという少女漫画のような質問に、木村は「ここの場でその相談をしてくるって僕も困ったんです……」と言いつつ、その顧問の講師と女生徒をステージ前まで呼び出し、話をさせようとするのだが、周囲の目もあってか2人とも言葉少な。これには木村も「お前らカップルかよ!」と、ツッコミを入れつつ「俺のときなんでこんな相談なの?」と、木村もお手上げ状態。結局、陸上部の部長まで巻き込んで、部長が「俺がこの学校を守ります」と、宣言し一件落着(?)となっていた。

 福士の回答の番になると、夢の見つけ方という質問が。これに福士は「僕も高校生のころは夢がなかったんです。この仕事を高校2年くらいからはじめて、そこに責任がともなってきたというのがありますね。そういう気持ちができてきてから夢ができました」と、言いつつその質問をした女生徒を壇上に呼び込む。

 その女生徒が演劇をしていたことから、三池監督が「木村さんがいまからオーディションしたいって」というと、場内騒然!そこで、木村が「俺と満島真之介が壁役やるよ」と、映画のパネルを2人がかりで持ち壁に見立てて、福士に女生徒を壁ドンさせることに。「俺のことどう思っているの?」と壁ドンしながら言う福士だったが、あまりのめまぐるしい展開に女生徒はしどろもどろとなりつつ、「格好いいです」と、まるでドラマのワンシーンのような状況となり、福士から「まんまじゃん」と、笑みがこぼれていた。

 ほかにも、杉咲が落ち込んでから気分を切り替えるときに「お風呂、寝る、回鍋肉」で切り替えているということや、満島によるあいさつの大切さなど盛りだくさんとなった。

 そして木村から、「僕らは三池組の一員として撮影を最後までやりました。必ず『俺の力で』とか『俺の存在が』とか思いたくなるとき、勘違いしてしまいたくなるときがあるんですが、1人では僕ら何もできない。周りにいてくれる友達だったり、導いてくれる存在だったり、周りにいてくれる人たちがあって初めて作品の中でお芝居できたり、戦えたりできるので、みなさんも周りのみなさんを感じて毎日を過ごしてほしいなと思います」と、チームワークの大切さや、「この話は死ねない男として演じていますが、僕らは限り有る命だと思いますし、せっかくこうやって元気に仲間に恵まれていると思うので、ぜひこの作品を観た後にも、もっと、もっと、もっと、もっと、もっと、もっと全力で、もったいない時間を過ごさずに思い切り全力で素晴らしい人生を歩んでいってください!」と、呼びかけ終了となった。

 その後、生徒たちも入った写真撮影が開催。木村自ら報道陣のカメラに目線が来るように生徒に声をかけたり、終わった瞬間も最後まで生徒たちと握手したりとサービス満点のなかその場を後にした。

 映画『無限の住人』は29日より全国公開!

木村拓哉、高校生の恋愛相談に答えて福士蒼汰は女生徒を壁ドン!富士見高等学校にサプライズ登場で生徒ら熱狂

木村拓哉、高校生の恋愛相談に答えて福士蒼汰は女生徒を壁ドン!富士見高等学校にサプライズ登場で生徒ら熱狂

木村拓哉、高校生の恋愛相談に答えて福士蒼汰は女生徒を壁ドン!富士見高等学校にサプライズ登場で生徒ら熱狂

福士蒼汰

木村拓哉、高校生の恋愛相談に答えて福士蒼汰は女生徒を壁ドン!富士見高等学校にサプライズ登場で生徒ら熱狂

杉咲花

木村拓哉、高校生の恋愛相談に答えて福士蒼汰は女生徒を壁ドン!富士見高等学校にサプライズ登場で生徒ら熱狂

満島真之介

木村拓哉、高校生の恋愛相談に答えて福士蒼汰は女生徒を壁ドン!富士見高等学校にサプライズ登場で生徒ら熱狂

三池崇史監督

木村拓哉、高校生の恋愛相談に答えて福士蒼汰は女生徒を壁ドン!富士見高等学校にサプライズ登場で生徒ら熱狂

 

木村拓哉、高校生の恋愛相談に答えて福士蒼汰は女生徒を壁ドン!富士見高等学校にサプライズ登場で生徒ら熱狂

 

木村拓哉、高校生の恋愛相談に答えて福士蒼汰は女生徒を壁ドン!富士見高等学校にサプライズ登場で生徒ら熱狂

壁ドンする福士

木村拓哉、高校生の恋愛相談に答えて福士蒼汰は女生徒を壁ドン!富士見高等学校にサプライズ登場で生徒ら熱狂

 

木村拓哉、高校生の恋愛相談に答えて福士蒼汰は女生徒を壁ドン!富士見高等学校にサプライズ登場で生徒ら熱狂

 

木村拓哉、高校生の恋愛相談に答えて福士蒼汰は女生徒を壁ドン!富士見高等学校にサプライズ登場で生徒ら熱狂

 

木村拓哉、高校生の恋愛相談に答えて福士蒼汰は女生徒を壁ドン!富士見高等学校にサプライズ登場で生徒ら熱狂

木村拓哉、高校生の恋愛相談に答えて福士蒼汰は女生徒を壁ドン!富士見高等学校にサプライズ登場で生徒ら熱狂

 

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *