千葉翔也&安達勇人&逢坂良太&村田太志がTVアニメ『ALL OUT!!』最終話先行上映会開催

千葉翔也&安達勇人&逢坂良太&村田太志がTVアニメ『ALL OUT!!』最終話先行上映会開催

TVアニメ「ALL OUT!!」最終話先行上映会開催

 TVアニメ『ALL OUT!!』最終話先行上映会イベントが29日、東京・新宿バルト9で開かれ祇園健次役・千葉翔也、石清水澄明役・安達勇人、八王子睦役・逢坂良太、江文優役・村田太志が登壇した。

 『ALL OUT!!』は、月刊『モーニング・ツー』(講談社)にて漫画家・雨瀬シオリ氏が連載中の本格高校ラグビー漫画。“ジンコー”こと県立神奈川高校ラグビー部にラグビー初心者の祇園が入部したことから始まるラグビーにかける情熱や爽やかな青春が描かれた物語。“ラグビー”を題材にした史上初のTVアニメとして昨年10月から2クールにわたって放送されている。その最終25話の放映を今月30日に控え、いち早く観ることができるプレミアムなイベントとなった。

 24、25話の上映後に4人が登壇。千葉は観客たちへ、「僕も観た後にジーンとするシーンがあったんですけど、みなさんもそうだったら良かったです」と、呼びかけるなかトークがスタート。

 千葉が祇園として印象的だったシーンへは、「本当に何も知らないところからだったのでターニングポイントが多かったんですけど、初めてトライを決めた時に泣いていたのは、敵を倒した喜びよりも、仲間のためにというので印象的でしたね」と、しみじみ。

 一方、安達は、「一番印象に残っているのは、祇園くんが石清水寝てたじゃん。そこに電話をかけてきたときに、“もひもひ~”と言っていたところかな」と、天然なコメントで逢坂から「数ある25話でそこな(笑)」と、ツッコミを入れられたのをきっかけに、3人から衣装や髪型をイジられまくり笑い声があふれる。

 逢坂は八王子が副キャプテンという立場や面倒見がいいというキャラクターながら、キャプテンの赤山濯也へ感情をあらわにするシーンが印象的だったそうで、「やりがいがありましたし、赤山に対してはそういうことを言えるんだって。そこのシーンで『試合に集中しよう』と投げかけて、評価がグッと上がりました」と、振り返った。

 そんなアフレコがすべて終了した際には、主演した千葉と安達に花がプレゼントされたそうで、村田が「泣いたよね」と安達に声をかけると「ボロボロでした。捨てられなくて、家の壁にさして」と、感激したそうだ。

 イベントではほかにも、逢坂がいきなり千葉に「『ALL OUT』ってどういう意味だっけ?」と振ると、千葉は「全力を出し切る!!!!」と、1話の先行上映会を彷彿とさせるような絶叫も。

 そんな賑やかなイベントも、あっという間に終演時間となり、村田は「この作品は『ALL OUT』と銘打っているから、全力でやらせて頂きました」といえば、逢坂は、「最近2クールものが珍しくて、その作品にかかわらせて頂くものが珍しくて、昔部活をやっていたころを思い出しました。年齢はバラバラだったと思いますけど、部室でワイワイやらせて頂いている感じで、ワイワイやらせて頂きました。お話的にはこれからだという感じで終わっていますが、いつかみなさまの前にアニメで続きをお届けできれば嬉しいかなと思っています」と、コメントを寄せる。

 安達は「裏で最終話を観ていたんですけど、すごくうるうる来る部分もあったりして石清水もラグビーを離れようというトラウマがありましたけど、それを乗り越えた先には、やって良かったなという瞬間が生まれてくると思うので、そういうのをみなさんにお伝えできればなと思ってこうやって立っています」と気持ちを伝え、千葉は、「初めての主演ということでレギュラーをやらせていただいて、回を追うごとに、祇園が本当にさまざまなことを考えさせて頂く現場でした。1話のころからキャラクター1人1人を掘り下げていって、これから先ジンコーは大会に進んで行くので絶対に勝ってほしいです。2クールの間本当にありがとうございました」と、観客へ感謝の言葉を寄せ終演となった。

千葉翔也&安達勇人&逢坂良太&村田太志がTVアニメ『ALL OUT!!』最終話先行上映会開催

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *