舞台「弱虫ペダル」ゲネプロ開催!宮崎秋人3作ぶりの参加でほかのキャストの成長に目を細める

舞台「弱虫ペダル」ゲネプロ開催!宮崎秋人3作ぶりの参加でほかのキャストの成長に目を細める

舞台「弱虫ペダル」ゲネプロが開催!

 「舞台『弱虫ペダル』~箱根学園(ハコガク)新世代、始動~」(演出・脚本:西田シャトナー)ゲネプロが29日、東京・TOKYO DOME CITY HALLで開かれた。

 累計発行部数1600万部を突破し、さまざまなメディアミックスで盛り上がりをみせている漫画家・渡辺航氏の人気自転車ロードレース漫画『弱虫ペダル』が原作。2012年から上演され、毎回、人気を博している作品だ。本作は、主人公・小野田坂道が所属している総北高校に、インターハイで王座を奪われてしまった“ハコガク”こと箱根学園にスポットを当てる。

 レースシーズンの終了した冬、箱根学園では毎年恒例の「3年生追い出し親睦走行会(ファンライド) 」が行われ、引退を控える福富寿一・荒北靖友・新開隼人・東堂尽八たち3年生の主力に戦いを挑むのは、次期キャプテン候補の泉田塔一郎率いる下級生チーム。エース・葦木場拓斗をはじめ、アシスト・黒田雪成、クライマー・真波山岳が、王者としての責任、そして先輩たちの想いを受け継ぐべく、最後のレースが繰り広げられる。そして新学年を迎え、部内の問題児であるスプリンター銅橋正清、そして箱根の直線鬼・新開隼人を兄に持つクライマー新開悠人と未知の可能性を持つメンバーが加わり……。

 ゲネプロ前には囲み会見が開催。葦木場拓斗役の東啓介、泉田塔一郎役の河原田巧也、黒田雪成役の秋元龍太朗、真波山岳役の谷水力、荒北靖友役の木戸邑弥、新開隼人役の宮崎秋人が登場した。

 本作の見どころや意気込みについて、東は「ハコガクの後輩と先輩のやり取りが多くなっている作品です。葦木場の成長だったりハコガクのチーム感を見せていけたら」と、語ることに。

 これまで数度公演に参加している河原田は、「これまであまりなかったんですけど、今回、ヘトヘトになっています(笑)。旧3年生メンバーの仕事を任せてもらって頑張っているので。泉田は、今まで飛び道具的な立ち位置でやってきましたけど、チームをまとめて、全体を締めていく感じで、あんまりお笑い要素はないので、一生懸命、お客さんのすべてを引っ張っていけたら」と、これまで以上に大変だと語り、秋元は「総北からも2人来てくれていて、その2人がいいスパイスになってます。“ちょちょっ(笑)”と入ってくれてます。インターハイのサポートメンバーとして走らせてもらって、今回でレギュラーメンバーの大変さを分かりました」と、役の立ち位置と合わせてコメント。

 一方、本作から初参戦となる谷水は、「今回初参加ですけど、2年生になってたくましくなった真波山岳を見せることができれば」と、気合を入れ、同じく初参戦の木戸も「卒業するという立場なので、そんなに疲れないかなと思っていたんですが、案外、荒北じゃない役で疲れているので、キャスト全員が本役以外で頑張っている部分も楽しんでもらえれば」と、アピール。

 一方、3公演ぶりの参加となる宮崎は、「キャラクター的には弟も出てきて観てほしいなと思っています」と、見どころを語りつつ、キャストたちの成長も口にし、「龍(秋元)だったり巧也(河原田)の場当たりを観て驚きました。とくに龍なんて、これまで走っていなかったですけど、走ったときに、目線が盗まれてて、黒田雪成としてだけでなくて、役者としても成長していました」と、評価することに。

 ただし、宮崎は「そんな上からものをみている自分に驚きました。どの立場になったんだって(苦笑)。自分も最初何もできなくて、先輩からいろいろ教えてもらって、受け継がれているさまは、ペダルならでは」と、伝統ができつつあるといい、「3作ぶりに帰ってきて、僕に対するお客様のハードルも上がっているかもと不安に思っているんですがそれを乗り越えられるよう頑張ります」と、気を引き締め直していた。

 ファンへ向け、宮崎は「新しいハコガクのスタートです。最後の最後まで応援してもらえたら!」といい、東は、「2回目の作品で真ん中に立てるというのを嬉しく思っています。ワクワクしたり、涙があったり、みなさまで一緒に舞台の時間を共有できたら。葦木場の成長も、公演に来て確認してもらえたらと思います」と、呼びかけていた。

 ゲネプロでは、3年生から2年生へと受け継がれる熱い思いや、新たなキャラクターたちの性格が分かるような描写も。さらに、『弱虫ペダル』の舞台でおなじみの、キャストたちが“別の役”としての出演もあったりと、これまでの舞台同様、エンターテインメントの高さも併せ持つ仕上がりを見せていた。

 「舞台『弱虫ペダル』~箱根学園(ハコガク)新世代、始動~」東京公演は30日から10月2日までTOKYO DOME CITY HALLにて、大阪公演は10月7日から10日までオリックス劇場にて上演!

 ■出演キャスト
 葦木場拓斗 役:東啓介
 泉田塔一郎 役:河原田巧也
 黒田雪成 役:秋元龍太朗
 真波山岳 役:谷水力
 銅橋正清 役:兼崎健太郎
 新開悠人役:飯山裕太
 福富寿一 役:村上渉
 荒北靖友 役:木戸邑弥
 東堂尽八 役:佐藤祐吾
 手嶋純太 役:鯨井康介
 青八木一 役:八島諒
 新開隼人 役:宮崎秋人
 パズルライダー:一瀬悠 掛川僚太 河野智平 重岡峻徳

 ※記事内画像は(C)渡辺航(週刊少年チャンピオン)2008/「弱虫ペダル」GR製作委員会2014 (C)渡辺航(週刊少年チャンピオン)/マーベラス、東宝、トムス・エンタテインメント

 公式サイト:http://www.marv.jp/special/pedal

舞台「弱虫ペダル」ゲネプロ開催!宮崎秋人3作ぶりの参加でほかのキャストの成長に目を細める

舞台「弱虫ペダル」ゲネプロ開催!宮崎秋人3作ぶりの参加でほかのキャストの成長に目を細める

舞台「弱虫ペダル」ゲネプロ開催!宮崎秋人3作ぶりの参加でほかのキャストの成長に目を細める

舞台「弱虫ペダル」ゲネプロ開催!宮崎秋人3作ぶりの参加でほかのキャストの成長に目を細める

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *