北島三郎オールナイトニッポンのパーソナリティに初挑戦!武豊騎手がスペシャルゲストで登場

北島三郎オールナイトニッポンのパーソナリティに初挑戦!武豊騎手がスペシャルゲストで登場

北島三郎オールナイトニッポンのパーソナリティに初挑戦で武豊騎手がスペシャルゲストに

 歌手・北島三郎(79)とジョッキーの武豊騎手(47)が29日、東京・有楽町のニッポン放送内でラジオ番組『北島三郎のオールナイトニッポンGOLD』パーソナリティ発表記者会見に登場した。

 今年芸道55周年を迎えている北島が初オールナイトニッポンのパーソナリティを務めることに。そこで、北島が所有する競走馬・キタサンブラックに騎乗していることで縁の深い武騎手が北島の熱いラブコールによって番組にともに登場することとなった。

 番組収録直後に2人で囲み会見を開いた。ニッポン放送への出演は、まだ北島三郎という芸名を名乗る前から縁があったという北島は番組へ「若い人がよくお聴きになるという番組ですから、年寄りの私どもはちょっと失礼かなと思いながらも、年寄りでも一緒じゃねぇかということで出させてもらいました」と、出演への思いを語る。

 武騎手については、「1人じゃちょっと心細いんで、武豊さんに来てもらいました」という北島だが、当の武騎手は「このお話を頂いた時に驚いたというか、私でいいんですかというのとでした。北島三郎さんからの頼みなら歌以外は聞かないといけないと思って、緊張しながらまいりました。こういう場にご一緒させて頂くのが本当に不思議な感じなんです。僕が子どもの頃から拝見していたスーパースターなので、競馬場ではわれわれのステージなのでお会いできても、こういう場所に来るとどうしようという気持ちでした」と、緊張があるそうだ。

 番組では北島は武騎手のことを何度もレジェンドと呼び、逆に武騎手は普段から北島オーナーと呼んでいるのだとか。北島は「競馬界の天才ジョッキーでレジェンドでございます。来て頂いただけでも、ラジオを聴いてくださるみなさまもびっくりするのではないかと思います。それをお忙しい中、来てくださってありがたいですな」と、多忙の武騎手が来てくれたことに感謝しつつ、「でも、(キタサンブラックに)乗ってくれたからというご縁だけでもないんです。こんな素敵な天才ジョッキーを番組の中で若い人のみなさんに聴いてもらえたらなというのをお願いしたら、気持ち良く出席してもらえました」と、出演経緯を語っていた。

 会見では競馬の話題にもなり、キタサンブラックの今後の出走予定を尋ねると、北島は「はっきり言いますけど、乗ってもらうのは武さんに決まっています。夏休み明けの10月に京都大賞典が最初で、その後、ジャパンカップに行ってみようと。それで馬の状態が順調であれば最後は、有馬記念で頑張ってみようと。この3つのレースを、武さんには申し訳ないけど頑張って乗って頂きたいです」と、お願い。

 すると、武騎手は「キタサンブラックとの出会いで天皇賞を勝てたというのは本当に大きなことでしたし、僕のこれからも続く騎手人生の中でも非常に大きなことだったと思います。しかし、まだ今年後半戦で非常に楽しみなレースがありまして、もし、有馬記念勝ったら、オーナーと一緒に歌います!」と、これまで固辞していた歌唱を勝利すればという条件付きだが宣言し、北島もこれに「聞きましたね、みなさん!」とニコニコと報道陣に呼びかけて念を押して盛り上がっていた。

 「すごくいい番組になったと思うから必ず聴いてもらいたいなぁという気持ちです!」と、北島がPRしていたラジオ番組『北島三郎のオールナイトニッポンGOLD』はニッポン放送にて9月9日午後10時より放送!

北島三郎オールナイトニッポンのパーソナリティに初挑戦!武豊騎手がスペシャルゲストで登場

北島三郎

北島三郎オールナイトニッポンのパーソナリティに初挑戦!武豊騎手がスペシャルゲストで登場

武豊騎手

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *