速水もこみち「夏越ごはん」に新鮮な感動!「僕のレシピの足しにしていいですか(笑)」

速水もこみち「夏越ごはん」に新鮮な感動!「僕のレシピの足しにしていいですか(笑)」

速水もこみち「夏越ごはん」に新鮮な感動!

 俳優・速水もこみち(31)が29日、東京・赤坂氷川神社で『夏越ごはん』記者発表会に登場した。

 6月の晦日に、半年の罪や穢(けが)れを祓(はら)い、残り半年間の無病息災を願う日本古来の神事『夏越の祓(はらえ)』。その取組の一環として、日本人にかかせない米を中心に、邪気や災厄を祓い、一年の後半を新たな気持ちでスタートするために食べる新しい行事食『夏越(なごし)ごはん』を提唱。昨年スタートし、都内の神社34社が参加したが、今年はその反響から都内の神社55社協力のもと、関東近県の飲食店計74店舗で趣向をこらした『夏越ごはん』が提供されるなど、賑わいを見せつつある。

 『夏越ごはん』は茅の輪の由来となった、蘇民将来が素盞鳴尊(すさのおのみこと)を粟飯でもてなしたという伝承にならい粟をはじめ、邪気を祓う豆などの雑穀がごはんに混ぜられている。その上にかき揚げが乗り、茅の輪をイメージした“緑の食材”(ゴーヤ、いんげん、枝豆、オクラなど)と邪気祓いができる“赤い食材”(にんじん、えび、赤パプリカなど)がミックスされ、しょうがとレモンをミックスしたおろしダレがかかっているさっぱりした味となっている。

 速水は夏を意識した和装で登場。『夏越の祓』については、「申し訳ないことに勉強不足で『夏越』というのを知りませんでした」と、速水でも知らないものだったそうで、このイベントで興味を持ったのだとか。

速水もこみち「夏越ごはん」に新鮮な感動!「僕のレシピの足しにしていいですか(笑)」

 

 今年半年を振り返ってもらうと「ドラマのお仕事もありがたいことに頂きまして、料理番組も6年になりました。約1300品を作ったそうです。あとは30を越えてから食事には気をつけるようになりましたね」と、振り返る。

 早速、『夏越ごはん』を実食することになり、「やっぱりご飯が雑穀というのは健康的ですし、女性は嬉しんじゃないかなと思います。野菜も入っているので栄養価も高いし、揚げ物におろしダレというのもあっさりしていいと思います。食感も楽しめるし、色味もよくて、見た目も色が入ると華やかですね。目で見ても元気になれる」と、レポートしつつ、「僕のレシピの足しにしていいですか(笑)。番組で僕が編み出したかのような感じで」と、お茶目なコメントも飛び出すほど新鮮な感動があったようだった。

 もし、速水が『夏越ごはん』を作るならどんなものを作るかへ、「夏で熱くなってくるので、シーフードがほしくなってきますよね。いか、えびとかをアレンジして揚げる。あとは、大葉とかみょうがもいいですね。その上にトッピングするという感じですね。おろしダレを使ってますけど、お茶をそのまま召し上がってもらって、茶漬けにする。飽きたら、冷やし茶漬けにしてもらって。1つの丼で3通り楽しめそうというのはいかがでしょう?」と、提案していた。

 残り半年へ、「残り半年というとまだまだありますので、新しいことを見つけていきながら全力で取り組んでいきたいと思います。健康面も食事に気を使いながら、考えていきたい。微力ですけど、『夏越』というのが伝わっていけばいいかなと思っています」と、抱負を口にしていた。

速水もこみち「夏越ごはん」に新鮮な感動!「僕のレシピの足しにしていいですか(笑)」

速水もこみち「夏越ごはん」に新鮮な感動!「僕のレシピの足しにしていいですか(笑)」

速水もこみち「夏越ごはん」に新鮮な感動!「僕のレシピの足しにしていいですか(笑)」

速水もこみち「夏越ごはん」に新鮮な感動!「僕のレシピの足しにしていいですか(笑)」

速水もこみち

速水もこみち「夏越ごはん」に新鮮な感動!「僕のレシピの足しにしていいですか(笑)」

 

速水もこみち「夏越ごはん」に新鮮な感動!「僕のレシピの足しにしていいですか(笑)」

 

速水もこみち「夏越ごはん」に新鮮な感動!「僕のレシピの足しにしていいですか(笑)」

 

速水もこみち「夏越ごはん」に新鮮な感動!「僕のレシピの足しにしていいですか(笑)」

 

速水もこみち「夏越ごはん」に新鮮な感動!「僕のレシピの足しにしていいですか(笑)」

 

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *