超会議2016“ラスボス”小林幸子バズーカで超始球式!キャッチャーの里崎智也氏やマーくんら吹っ飛んだ

超会議2016“ラスボス”小林幸子バズーカで超始球式!キャッチャーの里崎智也氏やマーくんら吹っ飛んだ

始球式終了後に囲み会見が開かれた

 “ラスボス”こと歌手・小林幸子が29日千葉・QVCマリンフィールドで千葉ロッテマリーンズ対日本ハムファイターズの『超始球式』に登板した。

 お隣の幕張メッセで開催中の『ニコニコ超会議 2016』の超会議企画とコラボしたもの。時間になるとスクリーンに『ファーストピッチセレモニー』との文字が出た後に、「ピッチャー、小林幸子ラスボスです」とウグイス嬢からアナウンス。

 小林はライトポール際から、大きな羽のついた特製のオープンカーで『千本桜』の楽曲に合わせて登場し、観客の歓声を浴びることに。その衣装は金色の完全新作で“勝利の女神”形態というもの。

 そんな小林とバッテリーを組むのは里崎智也氏。そして、投球準備に入る……のかと思いきや、小林は黒子からバズーカを受け取ると、それを構えた小林は、テンカウント後にファイヤ!里崎氏も後ろに控えていたマスコットキャラクターたちも吹っ飛び、球筋が全く見えないというものとなり、ビジョンには前代未聞の999キロという無茶苦茶な数字が刻まれ、観客は大爆笑。

 なんとかミットに収めた里崎氏は立ち上がると、小林にボールを手渡しし記念撮影をしてその場を後にした。

 終了後の囲み会見では、里崎氏も「あんなの初めて」と、笑顔で、小林は2度目になるという始球式に「不思議と興奮しました。癖になりそうです」と、またオファーがあればやってくれそうな感じ。バズーカということへ小林は、「あればラスボスのやり方かなって」と、納得のものだったそうだ。

 今回は始球式で、前回はプロレスに参加した小林だったが、今後は何がいいかと問われると、思い浮かばなかったようで、里崎氏に尋ねることとなり、「テニスですね」と勧められ、それがあったかという感じで、早速乗り気な様子を見せていた。

超会議2016“ラスボス”小林幸子バズーカで超始球式!キャッチャーの里崎智也氏やマーくんら吹っ飛んだ

超会議2016“ラスボス”小林幸子バズーカで超始球式!キャッチャーの里崎智也氏やマーくんら吹っ飛んだ

小林幸子

超会議2016“ラスボス”小林幸子バズーカで超始球式!キャッチャーの里崎智也氏やマーくんら吹っ飛んだ

超会議2016“ラスボス”小林幸子バズーカで超始球式!キャッチャーの里崎智也氏やマーくんら吹っ飛んだ

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *