柳楽優弥、暴力描写が話題の主演作で「代表作にしたい!映画俳優の世代交代ですヨ!」と大胆宣言

柳楽優弥、暴力描写が話題の主演作で「代表作にしたい!映画俳優の世代交代ですヨ!」と大胆宣言

 俳優・柳楽優弥(26)が21日、都内で主演映画「ディストラクション・ベイビーズ」(監督:真利子哲也/配給:東京テアトル)の完成披露試写会に共演の菅田将暉(23)、小松菜奈(20)、村上虹郎(19)とともに出席。「暴力の描写が多く、その部分だけを切りとると好き嫌いが出ると思うが、けして暴力を肯定している映画ではない。この作品が劇場で公開されることに意味があると思う」としみじみとPRした。

 路上で見知らぬ人間に殴りかかりストリートファイトを繰り返す野獣のような若者の異形のオーラとカリスマ性に惹きつけられ、共に凶行に及んでいく恐るべき若者の姿を描いた鮮烈な青春ストーリー。

 この日、のっけから「(自分の)代表作にしたい。作品の仕上がりを観たときに、参加していなかったらとても悔しい気持ちになっていた作品だった」と意気揚々の柳楽はそのまま勢いにのって、「(映画俳優の)世代交代ですヨ!」と大胆宣言。直後にステージ上で暗黙のまま出演陣全員で肩を組むなど、絶妙なチームワークを見せていた。

 そんな柳楽に菅田は「現場で柳楽クンは怖かった。普段はフレンドリーでフワフワしているが、現場ではお芝居なのに怖い人って思わせる人って凄い。世代がかわらないのにも関わらず大きな人なんだと思った。ここで『世代交代っ!』って言えるくらいですからね。それは僕らの目指すところではありますけど」と絶賛しきりりだった。

 また、この日紅一点の小松は作中でのバイオレンスシーンについて「(共演陣に殴っている)フリとかをされたり、気を遣ってもらうのがイヤだったので、みなさんとはじめましての日にそのことを伝えたら、菅田クンに『当てるつもりだったよ』って言われました」と暴露すると、菅田は「ええ、小松さんを殴りました。でも、クライマックスのほうで、(自分が小松に)凄いの入れられてますからね。ぜひ、そこも観てほしい」と見どころをPRしていた。

 5月21日公開!

柳楽優弥、暴力描写が話題の主演作で「代表作にしたい!映画俳優の世代交代ですヨ!」と大胆宣言

柳楽優弥、暴力描写が話題の主演作で「代表作にしたい!映画俳優の世代交代ですヨ!」と大胆宣言

柳楽優弥、暴力描写が話題の主演作で「代表作にしたい!映画俳優の世代交代ですヨ!」と大胆宣言

柳楽優弥、暴力描写が話題の主演作で「代表作にしたい!映画俳優の世代交代ですヨ!」と大胆宣言

 

柳楽優弥、暴力描写が話題の主演作で「代表作にしたい!映画俳優の世代交代ですヨ!」と大胆宣言

柳楽優弥

柳楽優弥、暴力描写が話題の主演作で「代表作にしたい!映画俳優の世代交代ですヨ!」と大胆宣言

菅田将暉

柳楽優弥、暴力描写が話題の主演作で「代表作にしたい!映画俳優の世代交代ですヨ!」と大胆宣言

小松菜奈

柳楽優弥、暴力描写が話題の主演作で「代表作にしたい!映画俳優の世代交代ですヨ!」と大胆宣言

村上虹郎


Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *