卓上ロボットアイドル販売!クリエイター参加支援なども

卓上ロボットアイドル販売!クリエイター参加支援なども

卓上ロボットアイドルが販売へ!

 DMM.make ROBOTS『プリメイド AI』記者発表会が29日、東京・富士ソフト秋葉原ビルで開かれ世界初の“卓上ロボットアイドル”『プリメイド AI』がお披露目された。

 世界初のロボットキャリア事業を展開している『DMM.make ROBOTS』が“自宅に劇場を作りたい”“自分だけのために本格ダンスをしてほしい”という思いから開発。ロボットゆうえんちがデザインするベースモデルのほか、有坂あこ氏デザインによる『プリメイド AI“ゆかり”』、佐久間結衣氏デザインによる『プリメイドAI“マリ”』の3体を販売する。

 楽曲をAndroidでダウンロードし、それをWi-Fiで『プリメイド AI』に転送するとダンスする本製品だが、広めるために4つの展開があるという。まずは、アイドルの楽曲や衣装、イラストなどのコンテンツを通してさまざまなアイドルやアニメとコラボレーション。

卓上ロボットアイドル販売!クリエイター参加支援なども

 

 2つ目は、衣装や頭部といった、外見を自由にカスタマイズできる環境をユーザーに提供する予定で、衣装は型紙を、頭部は3Dモデルをオープンデータとして公開することで、ユーザーが利用シーンに合わせてカスタマイズの可能。

 3つ目はプリメイドAIのダンスデータを作成できる環境をユーザーに提供。ハードルの高いロボット開発に対してクリエイターが参加しやすいよう支援し、コンテンツ制作をサポート。4つ目は日本国内だけでなく海外での販売を行い、そのクリエイター活動をサポートして認知拡大に務めるという。

 発表会では『プリメイド AI』をアイドルとのタイアップをし、その第1弾として『アイドリング!!!』『Cupitron』『アキシブ project』とコラボレーションし、エキシビションをして見せていた。今後は、ダンスも作れるようになる予定もあるとしている。

 『プリメイド AI』は10月29日より予約開始でベースモデルは11月下旬より13万8000円、『プリメイド AI“ゆかり”』(初回限定版300体)は11月下旬より14万5000円、『プリメイドAI“マリ”』(初回限定版300体)は12月に14万5000円(税抜)で販売予定!

卓上ロボットアイドル販売!クリエイター参加支援なども

後ろの2体の顔はまだ完成形ではなく発売までにブラッシュアップしていくという

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *