「劇場版 弱ペダ」完成披露試写会にくまモン乱入!山下大輝、森久保祥太郎らが大興奮

 『劇場版 弱虫ペダル』(監督:長沼範裕/配給:東宝映像事業部)完成披露試写会が8月22日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで開かれ小野田坂道役・山下大輝、巻島裕介役・森久保祥太郎、真波山岳役・代永翼、東堂尽八役・柿原徹也、吉本進役・宮野真守が登壇した。

 自転車ロードレースにすべてを懸ける高校生たちの激闘やドラマを描いた『弱虫ペダル』初のオリジナル劇場版。原作者・渡辺航氏による書き下ろしストーリー。全国大会<インターハイ>で総合優勝後の総北高校が招待された『熊本 火の国やまなみレース』で、再びライバルたちと熱いバトルを繰り広げる。

 上映後の舞台あいさつとなったが、涙を拭うファンもおり、出来の良さを伺わせることに。実は本舞台あいさつのキャストは、全員ロードレースではクライマーを担当しているというクライマーだらけの舞台あいさつに。

 アニメで約2年間主人公の小野田坂道を演じ続け、本作で映画初主演となる山下は、「ありがとうございます!始めた時は劇場版になると思っていませんでしたけど、いちファンとしてすっごく嬉しかったです!感無量です!」と、目を輝かせる。

 森久保はそんな山下に、「やっぱ成長してて、いい芝居しようとしちゃってて。坂道を逆に追い越しちゃってた。心なしか背も並ばれた気がします」と、目を細めると、代永は、「かっこ良くなってた!」と、うなずく。柿原は、「大輝に会ったのは数年前の20代前半でしたけど、前のめりな気持ちで、みなさんもっともっといいものを観てもらおうという気持ちが伝わってきました。きっと僕はいい映画になるなと思いましたね」と、先輩として見守っていたそうだ。

 一方、本作で『弱虫ペダル』のシリーズに初登場となる宮野は、何度も「もっこす!」を連呼して、笑いを誘っていたが、「緊張もしていたんです。お話を頂いてから、原作を読ませていただいたんですけど、一気に読んじゃって、涙なくては読めない。“泣きもっこす”して、それでも涙が押し出てくるくらい(笑)。いつの間にか大ファンになってて、そんな僕が、本物の坂道くんを前に、幸せな時間を僕自身が過ごさせてもらって、自分がそこの一員になれてると思って」と、感激していたそう。ちなみに、熊本弁について、宮野は、「田浦(良昭)役の田尻(浩章)さんに方言指導の音源を頂いて、ずっと横でも熊本弁を指導してもらってました」と、感謝していた。

 作品は“魂の継承”がテーマとなるだけに、キャスト自身の継承エピソードはないかと司会が振ると、「お父さんの豆腐屋を継承しないでやってるのですが、僕も結構先輩になってくるお年ごろになってきて、後輩というか、若い子たちに、(演技のことなどを)聞かれる機会が多くなって大人になったなって。気恥ずかしいですけど、継承というか大人になっているのかな」と、中堅となってきたことをしみじみ。

 そんなトークが繰り広げられるさなか、本作にも何度か出てくるという熊本のゆるキャラ・くまモンが総北ジャージをまとい、自転車をこいでサプライズ登場!これに5人は大はしゃぎで、壇上には笑顔があふれ、くまモンからは作品へ「大ヒットまちがいなかモン!」とのエールももらい大喜びする姿を見せていた。

 最後にそれぞれからメッセージが。「弱虫ペダルに参加できて本当に本当に幸せでした。熱いストーリーを一緒に紡げたのは僕の宝物になっています。この僕らの熱い思いが届けば」(宮野)、「僕達役者としての命を削って作った作品です。その思いが1人でも届けばなと思っています」(柿原)、「泣いたり笑ったりできることが詰まっているなと。継承ということが僕らの中でも考えさせられるものになっています。いろんな方にこの作品を観てもらいたい。いい作品だから観てみて期待して頂けたら。みなさんに胸を張って出せる作品だなと思っています!」(代永)、「巻島的には作品の中でも坂道に総北の3年としての想いを継承して伝えました。坂道から何かみなさんに伝わるものがあったと思います。その想いをファンのみなさんが伝えていただくと、原作は続いています。この先のドラマも弱ペダにあるんじゃないかと信じています!弱ペダにテッペンを取らせてください!」(森久保)とそれぞれ胸の内を。

 そして、山下は「非常に大好きな宝物の作品です。坂道くんと1話から激坂を登ってきた気持ちです。今回、喉が潰れてもいいやというくらいの気持ちで全力で臨ませて頂きました。巻島さんもともと大好きですけど、今回もっと大好きになりました!これからも弱虫ペダル、走っていけるように、坂道くんがこの作品で可能性を見つけたように、僕自身も何かこれからも可能性を見つけてずっと走っていけたらいいなと思っています」と、思いの丈を語っていた。

 キャスト降壇時には、原作者の渡辺氏も顔を見せ、観客とハイタッチするなど、サービス満点の展開で、観客を大盛り上がりさせたまま終演を迎えていた。

 『劇場版 弱虫ペダル』は8月28日より全国ロードショー!

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *