任天堂の岩田聡社長が死去…55歳

 日本を代表するゲーム機ハードウェア、ソフトウェアを開発大手の任天堂の岩田聡代表取締役社長が7月11日に亡くなっていたことが13日、分かった。55歳だった。

 同社公式サイト内で「代表取締役社長の逝去および異動に関するお知らせ(訃報) 」と題して発表。「当社 代表取締役社長 岩田 聡が、平成27年7月11日、胆管腫瘍のため逝去いたしました。ここに生前のご厚誼に感謝し、謹んでお知らせ申しあげます」と掲載している。

 なお同社は今後、竹田玄洋氏と宮本茂氏が代表取締役を務めるとしている。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *